夏のブレスレット 秋のバングル

朝夕は本当に涼しくなりました。

日中の日差しは強いものの、吹く風は爽やかで、ほんのり金木犀の

香りも運んで来てくれます。

 

日常の装いも、もう夏物には手が伸びなくなり、自然と秋らしい

スタイルに変化しています。

それに合わせてアクセサリーも変えたくなるのは当然のこと…。

  Beads882

夏の手首には、グルグル巻きにしたラップタイプのブレスレットに

チェンジャブルのブレスレットを合わせるのが定番。

秋は同じチェンジャブルのブレスレットでも、ベースをチェーンから

バングルタイプに変更して、シンプルに装います。

  Beads883

まだ暑さが残る日中、袖捲りをした手首には、これくらいが丁度

良いバランスなのではないかと思います。

 

これからお洋服の生地が厚くなるにつれて、アクセサリーも

重厚な物が合うようになってきます。

お洋服に合わせた新しいアクセサリーを考えるのは、とても

楽しいひと時です

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

barretta

  Beads881

ミシンを出したら、リボンを重ねたバレッタを作ろうと思っていました。

バレッタとミシンとは関係ないように思えますが、リボンを綺麗に

形作るには、ミシンでピシッと縫い留めるのが一番だろうと

考えていたからです。

 

そもそもミシンで作るつもりだったのは、自宅のソファのカバー。

我が家のソファはちょっと特殊で、1脚づつの木製のフレームが

連結されて3人掛けになっています。

そして、そのフレームの上に専用の置きクッションを乗せるという

仕組みになっています

3人掛けのソファには3つの背もたれと3つの座面、合計6個の

置きクッションがあり、しかも立体的で、直線と曲線が混在しています。

この手強い置きクッションのカバーを作ろうとミシンを出した次第です。

布地も8mくらい必要で、時間も手間も掛かるので、かなり

思い切らないと作れません。

 

閑話休題。

 

折角ミシンを出したので、ついでにバレッタも作りました。

本来は、ブレスレット用の素材であったグルーデコ・フレーム。

見付けた瞬間に、バレッタのデザインのひとつにしたいと思い、

ホワイトの小さなパールを敷き詰めて出番を待っていました。

  Beads880_2

ベースのリボンは厚手のダークグレーのベルベット。

厚手でないと出せないふんわりとした重なりが贅沢で、大人が

使うのに相応しい気がします。

3㎜のパールとブレスレットパーツを十字に配置して留めました。

 

フォーマルにも使えそうですが、日常使いも出来るバレッタに

上がって、満足しています。

ヘアアレンジの動画を見ながら上手に使いこなしたいと

思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

デコルテを飾るハート

オーダーを戴く時は、ご予算と用途、お好みのお色を伺います。

初めてオーダーを賜る時は、実際にお会いすることが多いので、

(失礼にならない程度に)じっくりと観察。

特にネックレスの場合はフェイスライン、首の長さなどもしっかり

チェックします。

そして、お色について迷われる場合は、合わせたいお洋服の

お色を伺ってご提案させて戴くことも…。

 

今回は人前に立たれる事が多いお仕事の方。

襟元を華やかに飾りたいとのご希望でしたので、お洋服の

色も選ばず、フォーマルになり過ぎないプラチナカラーの

パールとクリスタルカラーの輝きでまとめる事にしました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

キラキラと輝きが美しいクリスタル、影のあるクリスタル

シルバーシェード、白く強い光を放つジルコニアの3種類の

違う輝きでハートをイメージしたモチーフを作りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

ネック部分は、6㎜にしようか8㎜にしようか迷いましたが、

着けて戴いた時にデコルテが華やかになるよう、大き目の

8㎜を選びました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

お渡しは少し先になりますが、それまで気に入って戴けるのか

ドキドキして過ごす事になりそうです…。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

相性

ワイヤーにビーズを通し、捻じって形を作って行く手法…。

以前は、手軽にボリュームを出せることや気持ちの向くまま

自由にイメージを広げられることから、好んで取り入れて

いました。

 

当時ワイヤーは、銅線・ステンレス線くらいしかなく、

ステンレスの柔軟性のない硬い仕上がりにイメージが

合わないと、銅線ばかりを使っていました。

この銅線というのは、どうしても緑青の犠牲になる事が多く、

次第にワイヤーワークから離れて行った原因のひとつかも

しれません。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

そんなワイヤーワークが楽しかった当時のブローチ。

残念なことに緑青が吹いている箇所が見受けられた為、

袋に入れて他の作品とは隔離していたのですが、

全体の雰囲気が好きだったので、作り直すことにしました。

 

ブローチ金具を外し、全てのワイヤーを取り去り素材に

戻して気が付いたこと。

緑青の犠牲になっていたのは、内側が銀色に輝く繊細な

ヴィンテージ・スフレ(下に見える雫型)の周辺のみでした。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

スフレは中が空洞になった吹きガラスなのですが、

その内側に塗られている材質(或いは、剥離剤?)と銅線との

相性が良かったのか悪かったのか…。

つまりは両者が出会ったことで起きた現象のようです。

その証拠に、スフレの外側に沿っていた箇所は変化が

ないのに、穴の周辺、中は緑青で真っ青になっていました。

大好きな素材でしたが、もう、ワイヤーワークには使えません。

しばらくはバックヤードで休んで貰うことにします。

 

気を取り直し、残りの素材+ヴィンテージのクリスタルボタン

+現代物のナツメパールで作り直しました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

元の姿を画像で残しているので一応参考にはしましたが、

仕上がってみると、やはりちょっとバランスが変わっていました。

それはそれで今の感覚なのだろうと思いますし、見比べて

みても、今作った方が良い出来なような…。

 

久しぶりのワイヤーワーク、とても楽しかったので、また再開して

みようかな、という気持ちになりました。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (2)

過去の作品

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

久しぶりに開けた引き出しから、随分昔に作ったブローチが

出て来ました。

 

影のあるクリスタル・淡いブルー2種類・グリーン・ベージュ、

ライトブラウン、そして、ジルコニアの小さくても強く白い輝き…。

もし今、同じ物を作るとしても決して選ばないであろう配色。

そして、そのデザインも、今は思い付かないでしょう。

 

それは、過去の作品に囚われていたくない、現状に満足しては

いけない、いつまでも探求心を忘れたくない、という気持ちの

表れでもあります。

 

過去の作品と対峙する時、いつもちょっと緊張します。

これよりも良い作品が作れているだろうか、進歩しているだろうか、

と不安になるからです。

そして、今の作品と見比べて、安堵のため息を漏らしたり、

今はもう販売されていない素材に懐かしさを覚えたりしています。

 

素材はどんどん進化して行きます。

私もその進化に遅れないよう、常に前を見て進みたいと思います。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

白い実 赤い実

この夏ご依頼戴いたピアスやイヤリング用に考えたモチーフで、

とても気に入っていたもの…。

マットゴールドのフラワーペタルに、京セラ製の人工オパールを

組み合わせたさり気ないもの。

 

ホワイト・パールで作ってもいいかな、とも思ったのですが、

少しありきたりに思えたので、人工オパールのホワイト(胡粉)を

使いました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス

艶やかな白の中に浮かぶ幾つもの色が、夏は涼し気に、冬は雪の

煌めきのように見えて、季節を問わないのではないかと思います。

 

ここ数日、秋の風を聞き始めた頃から、ちょっと色があるものが

作りたくなりました。

そこで、紅葉や色付く小さな実をイメージして赤い色(唐紅花)を

選んでみたのですが…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス

こちらはまだ、モチーフのままで、ピアスになるかイヤリングになるか

未定です。

いつか、素敵なお嫁入り先が決まれば、仕上げたいと思っています。

(とっても気に入っているので、自分用に仕上げてしまうかも…)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

ヴィンテージ・パーツ

古いパーツやビーズを商うお店を巡るのが好きです。

それは実店舗でもネットショップでも同じです。

実店舗だと、それこそ穴が開くほど眺めて悩みますし、

ネットショップでは想像を補いつつ、実物はどうなのかな、

とこれまた悩みます。

そんな中、ネットショップで一目惚れした2種類のパーツ。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴィンテージパーツ

ひとつは、チェコ製のヴィンテージパーツ(左)で、アールデコ調の

グリーンのガラスが入っています。

ペンダントトップとして作られたデッドストック品とか…。

 

もうひとつは、リーフカボション(右)。

半分がクリアで残り半分がフロスト加工されています。

同じ色なのに、クリアとフロストで違った色を組み合わせた

ように見えるのが印象的でした。

こちらは、ドイツ製のヴィンテージ。

 

どちらのパーツも、これといった作品のイメージがあった訳では

ないので、そのままコレクションのひとつとなってしまう可能性が

あります。

いつか、ふっと作品のイメージが降りて来てくれたらいいな、

と思いながら新しく迎えたこのパーツ達を眺めています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Aurora Borealis

二つ前の記事(crisscross)で、4つの小さなモチーフをつなげた

ブローチをご紹介しました。

 

仕上げた時から思っていたこと、「小モチーフの向きを逆にしたら

どうかしら…」 ラウンド・ストーンが外向きに付いているのを、

クッションカット・ストーンの側に位置させる、ということです。

そうなると、クッションカット・ストーンとラウンド・ストーンは

お色を合わせた方が良いのではないか…。

残念な事に、このクッションカット・ストーンは販売されている

お色が少なかったので、私には珍しい『クリスタルAB』という

お色を選んでみました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

『AB』というのは、『Aurora Borealis:北極光』。

オーロラのような様々な輝きを放つ特殊加工を指します。

この場合、元のストーンのカラーはクリスタルなのですが、

そこにAB加工(オーロラ加工とも言います)がされているので、

『クリスタルAB』という色名になっています。

 

このAB加工、そもそもは、1950年代半ばに、Swarovski社と

Christian Dior社が共同で開発した特殊加工のクリスタル。

今、手にしているこのクリスタルガラスの兄弟が、ディオールの

オートクチュール・ドレスやコスチューム・ジュエリーに使われ

たのかしら…と考えると、楽しい想像が膨らんでしまいます。

 

とても複雑な煌めきを見せるクリスタルABに合わせるのは

どんなお色がいいか、随分と悩んでしまいました。

結局、『イラデサント ライト ブルー』という夏に合いそうな

爽やかなブルーと、パープルのビーズを少し加えることにしました。

どちらもストーンの煌めきの中に浮かび上がるカラーに合わせて

選んだもの。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

半世紀以上昔に生まれた色と、近年生まれた色の組み合わせは、

時の隔たりを超えて調和し、それでもどこか、古いコスチューム・

ジュエリーを彷彿とさせる仕上がりに…。

ABカラーは、キラキラし過ぎて苦手だったのですが、もう少し

積極的に取り入れてみようかな、と思える作品になりました。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Piari Ⅲ

『ぴあり(PiariPiari Ⅱ)』というイヤリング金具を見付けて

1年ちょっと…。

 

最初の頃は、お得意のモチーフものや、お下がりが付いた

少しデコラティブなものを作っていました。

ピアスホールを開けるのはコワイ、イヤリングは頭が痛くなったり

落としたりするから…と耳のお洒落を諦めている人にもこの金具を

知ってもらいたい気持ちもあって、人目を惹く物を作る傾向に

あったのだと思います。

 

今は、自分の日常を彩る為に、さり気なくて主張の少ないものを

作るようになりました。

クリスタルの輝き、ホワイトの清々しさ、パールの艶…。

この3つの要素が含まれるものが、中心となっています。

  ルコリエのビーズアクセサリー イヤリング


少し話が変わりますが、今はピアスのキャッチに飾りを付けて、

気分で交換して楽しめるが当たり前になっています。

今年の夏のピアスのご注文にも、お飾りキャッチのご希望が

含まれていました。

 

私も同じように、楽しんでみたい…。

ぴありでも出来ないかしら…と考えたものがこちらです。

  ルコリエのビーズアクセサリー イヤリング

シンプルなパヴェボールのぴありの下には交換可能な

プチ・パヴェボールやストーン付きのフープが…。

今はこのセットしか作っていませんが、色々と考えてみたいと

思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

crisscross

ブローチ台がセット出来るシャワーはサイズや形に制限があり、

以前は、シャワーに収まるようにモチーフを作っていました

今も勿論、そのまま使用することもありますが、もっと自由な形を

作りたいと思うことが多くなり、小さなシャワーや、透かしプレート

等を駆使した作品が増えて来ました。

こちらもそんなひとつ…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

15㎜のシャワーで小さなモチーフを4つ作り、クッションカットの

ストーンで繋げています。

600㎜×550㎜の少し大きめのブローチですが、金属部分が

少ない為、意外に軽く仕上がっています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

クリスタルの輝きを中心に、外へ向かって色が広がっている

ようなイメージ…。

ブラッシュローズという、クラシカルなピンクがアンティークっぽい

雰囲気を演出してくれているように思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

«『タヒチ』とペンダント・トップ