ハットピンとスタイリング

ハットピンの楽しさに気付いてから、作る機会が増えました。

幾つも作っているのですが、今まで思い付かなかったこと…。

  Beads996

今回初めてフリンジを付けてみました。

そして、色々とスタイリングも考えてみました。

 

シンプルなグレーのVネックニットとベージュのロングストール…。

ストールの結び方を工夫して、ハットピンを添えています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン

 

勿論、ニットに直接留めても…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ ハットピン

ブローチも大好きですが、脱着が簡単で、ストールもコートも

ニットも全部まとめて留められるハットピンに夢中です。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Delite Ⅱ

前回の記事で、Swarovski社の新色、ディライトシリーズに

ついて書きました。

いつもなら、新色が数色発売されても、全てを入手して作品に

することはなく、特に気に入った物だけを選んでいたのですが、

今回は好き嫌いは別として5色全てを買いました。

 

先に作品にしたのは、バーガンディDL・カプチーノDL・

アーミーグリーンDL。

私にとって、使いやすい3色です。

残りはライトグレーDL・オークルDL。

どちらも、組み合わせる色、デザイン共に迷うカラーです。

それでもイメージはふいに降りてくるもの…。

手に取り矯めつ眇めつしているうちに、いつの間にか作品に

なっていました

 

ライトグレーDLは、これはグレーなのかしら?と思うくらい白い。

ほぼホワイトと言っても差し支えないようなカラー。

美しいシラーを生かしたくて、他の色を入れずにクリスタル

のみを合わせてハットピンに仕上げました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ライトグレーディライト ハットピン

今までは、キャッチの部分はサブモチーフか、両方同じ

モチーフにしていましたが、今回はこちらがメイン。

ふっと思い付いたまま作ったハットピンですが、面白いな、と。

  ルコリエのビーズアクセサリー ライトグレーディライト ハットピン

置いてあるよりも、実際に着けた方が、その面白さを分かって

戴けるかと思います。

 

最後まで残ったオークルDLは、ネックレスに…。

  ルコリエのビーズアクセサリー オークルディライト ネックレス

  ルコリエのビーズアクセサリー オークルディライト ネックレス

モチーフ中央のストーンがオークルDL。

 

初めはモチーフ2個を斜めに組み合わせてブローチにしようと

っていたのですが、どう合わせても気に入らない…。

あれこれ試しているうちに、もうひとつモチーフを追加して

ネックレスにしよう、と思い付きました。

同じモチーフでも向きを入れ替えるとデザインに動きが出ます。

 

このデザインならl、ネック部分はパールをつないだものに

するところなのですが、今回はロングビューグルを入れて

細く華奢なネックラインにしました。

 

合わせたカラーはアメジスト、ベージュ、マルーン…。

秋の空気を纏った、ちょっと豪華なネックレスです。

 

うまく使えるかな…と悩んだ2色の方が、好きなデザインとして

完成しました。

『作る』ということはいつも意外性に富んでいて面白いものです。

  ルコリエのビーズアクセサリー

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Delite

楽しみに待っていた今シーズンのスワロフスキーの新色が、

少し前に発売になりました。

夏の終わりからチェックをしていたので、本当に『待ちわびた』

という気持ちです。

 

今回は、5シーズン目になるクリスタル ラッカー プロから

『ディライト』というシリーズが発売。

覗き込むとシラー効果が見られ、美しく輝きます。

カラーによっては、サフィレットやドラゴンブレスを彷彿とさせる

物もあり、益々作る楽しみが増えそうです。

特に今回は、カット面のハイライト効果を重視した光学デザイン

設計により、クリスタルの深みと透明度が上がっているそうで、

いつまでも眺めていたくなります。

 

ディライトシリーズは5色。

中でも、バーガンディディライト、アーミーグリーンディライト、

カプチーノディライト(これが一番人気のように思います)

の3色が、私には使い易いように思いました。

 

  ルコリエのビーズアクセサリー バーガンディディライト カプチーノディライト ブローチBeads988

12㎜のリヴォリ―(バーガンディDL、カプチーノDL)を

使ったブローチは、大き目のパールと合わせて…。

何種類か出ているカットの中で、このリヴォリ―が一番輝きが

美しいと感じました。

 

  ルコリエのビーズアクセサリー バーガンディディライト ハットピン

定番のラウンドカットは、ハットピンに。

このハットピンをご覧になった方は、「(バーガンディDLが)

ジェリーのような美しさ」と評されました。

改めて見ると本当にその通りかもしれません。

 

  アーミーグリーンディライト ブローチ

アーミーグリーンDLの新シェイプであるインペリアルカットを

3個並べたモチーフはブローチにしようかハットピンにしようか

目下のところ思案中です。

 

残り2色、オークルDLとライトグレーDLも、一度は作品に

してみたいと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

『ぴあり』を楽しむ

前々回の記事でピアスについて書きましたので、こんどは同じ

イヤーアクセサリーでも『ぴあり(イヤリング))』を取り上げたいと

思います。

 

ぴありに出会ったのは2016年の春。

よく素材を探しに行くお店で扱われているのを買ったのが始まり。

見付けた瞬間ピンと来るものがあり、金具にしてはお高いな…と

思いながらも連れ帰りました。

ほんのお試しのつもりだったのですが、本当に一日着けていても

痛くないのに驚き、すぐに追加で購入した程です。

その後、そのお店では取り扱いがなくなってしまったので、やむなく

製造元から直接購入するようになり、今に至ります。

 

最初は何と言っても金具がお高いこともあり、自分自身だけで

楽しんでいたのですが、「それは?」と聞かれたりすることもあり、

次第にオーダーも受けるようになりました。

 

お作りした方々が2個目3個目と求めて下さる度に、

「耳のお洒落を楽しんでいらっしゃる…」と嬉しくなります。

今まであまり飾りっ気がないと思っていた方も、今はいつも耳元が

キラリとしていて、いつの間にか他のアイテムも増えている…。

女性は年齢が増す程人工的なキラキラや艶が似合うようになると

思うので、とても嬉しい変化だと微笑ましく見ています。

 

今回、ご依頼戴いたぴあり。

一つは初めてぴありをお求め戴く方用。

  ルコリエのビーズアクセサリー ぴありイヤリング

バングル・デザインの一粒ストーンにバックポスト付き。

シンプルながらストーンのクールさが際立つ一品だと思います。

流星のようなデザインキャッチもセットで…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ぴありイヤリング

  

もう一つは、これがセカンドぴありになる方からのご依頼。

一つ目はシンプルなリバーシブルタイプでしたので、今回は

デザインキャッチで遊べるバックポスト付き。

  ルコリエのビーズアクセサリー ぴありイヤリング

  ルコリエのビーズアクセサリー ぴありイヤリング

サークルにストーンを散りばめた上品でお洋服を選ばない

デザインチャームをデザインキャッチとして…。

 

最後にぴありのデザイン色々…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ぴありイヤリング

デザインキャッチも含めて色々考えるのが楽しくてたまりません。

これからも、ぴありだから出来る新しいデザインをもっともっと

考えたいと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Tilted Chaton Ⅱ

クリストファー・バングル氏デザインのSwarovski社製ストーンの

発売があったのは2017年の春だったと記憶しています。

個性的なシェイプだけに、一時的な販売かと思ったのですが、

安定して供給されているところを見ると定番化していると思って

良いのかもしれません。

 

そのストーンの中のひとつ、『Tilted Chaton』を使ったブローチを

作りました。

  

きっと、このストーンが素敵と思って戴けたのでしょう。

幾つもお見せしたデザインの中から、このデザインに決定したのは

このティルテッドシャトンが使われていたからなのですから…。

元々のデザインでは重ね着けがし難そうという理由から、

一部分を除いて少し小振りにお作りしました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

ひとつはクリスタルのお花モチーフに合わせてバミューダブルーの

エフェクトが施されたストーン。

もう一つはブラックダイヤ(グレー)に合わせたサハラ。

どちらも色味が強くないので、重ねても単体でも合わせるお洋服の

お色を選ばないと思います。

 

お花のモチーフはよく使うモチーフで、目もそれなりに引くのですが、

このティルテッドシャトンに合わせると完全に脇役になってしまいます。

それだけパワーのある華やかなストーンということでしょう。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

手持ちのジャケットで重ねて着けてみました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

着け方によっては、一つのデザインのようになり、楽しみ方も増える

のではないかと思います。

 

朝夕どころか日中も涼しくなって来たこの頃。

厚手のジャケットやコートが恋しくなるのは間もなく…。

そんな季節に活躍してくれるブローチになりますように。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

耳元を飾る

ピアス単品を作るのは苦手…と以前書いた覚えがあります。

しかし、ここ数年定期的にピアスをご依頼下さる方のお蔭で、

その苦手を克服しつつあります。

最近は材料を見て歩いている時も、『このパーツはピアスにしても

素敵なんじゃないか…』などと考えている自分がいて驚くくらいです。

 

もうひとつ、ピアスを作るのが楽しくなっている理由。

それは、自分自身が耳元を飾る楽しさを覚えたから…。

ピアスホールを開けるのは怖くて嫌、なのは相変わらずなので、

イヤリングという形で楽しんでいるのは変わりありませんが…。

そして、そのイヤリングも一日着けていても痛みのない『ぴあり』

という金具に出会ったからこそ。

 

少し話が逸れますが、自分自身の経験や、人から聞くお話等々を

総合して気が付いたことがあります。

それは、年齢を重ねると耳朶が柔らかくなってくる、ということ。

お嬢さん世代では難なく着けられるピアスやイヤリングも、

大人世代となるとどうも美しく着けられないデザインや重さがある…。

最近は、そんなことも考えながら作るようになりました。

 

閑話休題。

今年もこの秋冬用にと恒例のご依頼戴いたので、楽しみながら

色々と考えてみました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス

個性はあっても上品であること、遊びがあっても上質の材料で

あることを意識しながら作ったパーツ達。

一部、ぴあり用に作ったものもありますが、殆どがピアスになります。

 

  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス

秋を意識したベルベットブラウン・パールとマットゴールド・ペタルを

組み合わせたピアスは、専用のデザインキャッチを留めるかどうかで

少し表情が変わります。

今回の作品群の中で最も推したいもののひとつです。

 

デザインキャッチは、今までも幾つかお作りしているのですが、

今までで一番長い仕上がり。

長く繊細に揺れる姿は大人の休日を彩ってくれる筈…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス デザインキャッチ

来週には全て完成させてお披露目。

秋の装いの一つに加えて戴ければ嬉しいな、と思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

両輪が回り出すと…

よく、

 「『身体と心は車の両輪のようなもの。

  どちらかが調子悪いと車が走らなくなるのと同じ』

なんて言葉を聞きます。

私も、両輪が正しく回っていないと思うような時は、いくら時間を

掛けても作品につながって行きません。

 

体力が落ちていると、ピンひとつ丸めるのも綺麗に出来ない。

心が作品以外のものに囚われていると、作りたいもののイメージが

降りて来ない…。

自分の中でバランスを欠いている時は、リフレッシュの為に

ビーズを探しに行ったり、沢山眠ったり、美味しいものを食べたり、

『気分転換』と呼ばれることを楽しみます。

勿論、心身のバランスを欠く原因を探すことも大切ですが、

そんなものは探さなくても分かっているもの。

 

ここしばらく、心身のバランスを欠いていて、なかなか作品に

手を付けられずいましたが、ようやく復活。

復活するやいなやイメージが降りて来て、手が追い付かない…。

 

エリナイトというカラーの長方形のストーン、裏のフォイルの

カラーが金茶で、現行のスワロフスキーストーンでない事が

分かります。

以前、まだまだこのストーンが現行品であった頃に求めて

使われることなく仕舞っていたのでしょう。

このストーンを見た瞬間にイメージが降りて来て、逃げて

しまわないうちに大急ぎでブローチに仕上げました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ


仕上げてからもう一つ、お色違いも作りたくなりました。

この長方形のストーンは、このエリナイト以外に淡いブルーの

アクアマリン、深いワインレッドのバーガンディが手元にあります。

悩んだ末にバーガンディを使うことにしました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ


合わせるのは美しい輝きのベージュ。秋の実りをイメージした

芳醇な色合いです。

作るだけで満足していてはいけないのですが、今は作りたい

気持ちが溢れています。

仕上がったブローチの行く末はゆっくり考えることにします。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Jean Paul GAULTIER for Swarovski

Swarovski社からは、デザイナーズ・エディションと銘打った

特別なストーン、ペンダントパーツなどが発売されます。

それらは、大々的に出回る事もあれば、一部のショップでしか

手に入らない事もあります。

  

仏ファッションデザイナーのジャン=ポール・ゴルティエ

(Jean Paul GAULTIER)とのコラボレーションで生まれた

カプート・シリーズは2016年に発表されました。

現在も製造されているのかどうかは分かりませんが、

2年経った今、たまたま手にする事が出来ました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ゴルティエストーン

23×9㎜のバゲット型のストーンには、複雑なカットと

フロスト加工やメタリックなコーティングが施されています。

(勿論、『Jean Paul GAULTIER』のロゴ入り)

今回手にする事が出来たのは、シルバーナイトという

深いグレーとメタリックブルーの2色。

それぞれ数個づつしかありませんが、最後の1個になるまで

手元に引き留めておくことなく、使おうと思っています。

 

この素敵なストーンをお気に召して下さった方の為に、それぞれ

アクセサリーをお作りしました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヘアコーム

お一方は、老舗呉服店の若奥様。

ご依頼品はヘアコームです。

ストーンの個性を生かせるように、なるべくシンプルな

デザインになるように配慮しました。

 

もうお一方はペンダントがご希望でしたので、こちらも

シンプルにお作りしました。

このストーンに合わせる台座は市販されているのですが、

必要以上に厚みがあり、どうも使い難い…。

その為色々と工夫をして留めています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ペンダント

実はこちらのシンプルにストーンを下げただけのペンダントの裏は

リーフの金具で支えており、リバーシブルでお使い戴けます。

裏面にメタリックな加工がされているシルバーナイト・カラー

だからこそ。

  ルコリエのビーズアクセサリー ペンダント


ペンダントは明日、コームは来週にお渡しします。

どうかお気に召して戴けますように…。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

パーティでの展示

もう、先週の話になりますが、毎年夏に開催される

ワンピースを着て集う、通称『ワンピース会』という

パーティに参加して来ました。

昨年もそうだったのですが、パーティ会場での作品展示の

お話を戴きましたので、楽しみも2倍に…♡

 

当日は、90cm×45cmのスペースに、新作を中心に

展示させて戴きました。

昨年の写真を参考に、什器は同じでもレイアウトを変えて、

でも昨年も見て下さった方に「あ、去年の方ね…」って

分って貰えるように…。

 

前回ご紹介したネックレス、実はこの展示の為のもの。

見映えがするようにと、中心に据えました。

 

ドレスコードはハワイアンでしたが、皆様の装いはとても素敵。

ちゃっかりデコルテをお借りして写真を撮らせて戴こうと

論んでいたのですが、お喋りやパーティに夢中になって、

すっかり忘れてしまいました…

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス 展示会


展示中は、沢山の方にお声掛け戴き、中には「このまま着けて

(パーティに)参加したい」と仰って下さる方もいらして、

とても幸せな時を過ごしました。

 

素敵な機会を与えて下さった主催者の皆様、お求め下さった

お客様方に心よりお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

贅沢に作る…

久しぶりにちょっと手の掛かるネックレスを作りたくなりました。

元となるのは、前回の記事にも載せている小さなモチーフ。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

このモチーフを連ねる事で、繊細ながらも贅沢なネックレスが

仕上がりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

 

デコルテを飾る前の部分だけをモチーフにして、後ろはチェーンや

パールを連ねるスタイルにすればコストが抑えられるのですが、

今回はとにかく『贅沢』がテーマ…。

材料費が…という言葉を飲み込みながら作りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

後ろの留め具もストーンを散りばめたような美しいパーツを

使いたかったのですが、探しても好みのパーツがなく、

モチーフと差し込み式の留め具を組み合わせて、オリジナルの

留め具を作りました。

 

気に入るパーツがない時、潔く探すことを諦めて、あるもので

工夫をしてよりイメージに近付けて行こうと気持ちがシフトします。

結果、既存のパーツで作るよりも、より統一性のある作品に

仕上がることも…。

『無い』というのも、時に成長の為に必要なのだろうと思います。

 

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

長さは40cmで、鎖骨のラインギリギリの美しいプリンセスサイズ。

同じモチーフを使ったアジャスターを付けると42cmになります。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

このようなネックレスは、特別な日のドレス用と思われがちですが、

ちょっとランチに出掛ける時や何でもないお出掛けの時にサラッと

着けて戴く…。

例えば、カーディガンやジャケットの内側からチラリとのぞかせたり

ハイネックのカットソーなどの上に重ねてみたり…。

日常に楽しんで戴くのも大人の装いではないかと思います。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

«広がるモチーフ