beads

美しきヴィンテージの素材…

新しく、ヴィンテージ素材をお迎えしました。

アイリスグラス、ドラゴンブレス(メキシカンオパール)、

ヴィンテージ・スワロフスキー。

作品のイメージがあった訳ではなく、ただ美しさに惹かれての

購入です。

  ルコリエのビーズアクセサリー アイリスグラスとドラゴンブレスとヴィンテージスワロフスキー

アイリスグラスは、珍しい網目入り。

裏側に模様があり、フォイル加工されています。

手持ちのアイリスグラスは、線が滲むような優しい色合い

なのですが、こちらはハッキリと色が出ています。

個性が強い素材なので、主役に据えて引き立ててあげたいと

思っています。

 

ドラゴンブレスと言うと…。

まだ定期のレッスンを持っていた頃、レッスン作品のリングに

使ったことがあります。

その時は、ドラゴンブレスという名称があることは知らず、

ただ綺麗♡と思って使ったのですが、後になって贅沢な

素材を使っていたことに気が付きました。

浮かび上がる青いいシラーが、ドラゴンの吐く息のようだと

付いた名称。

このストーンも美しい青い息を吐いてくれています。

ペンダント用のモチーフを作って、そのお下がりに使いたいと

思っているのですが、さてどうなることやら…。

 

最後に、ヴィンテージスワロフスキー。

眩く反射する美しいストーンは、ローズカット。

こちらとアイリスグラスは、適合する台座を持っていないので、

気長に探しつつ作品を考えて行きたいと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

大好きなサフィレット( Saphiret )

好きなものって、自然に集まって来ると思います。

このサフィレット様達もそう…。

お店をされている方から、同好の士から、お買い物をした時に

サービスで…、偶然見付けて…、等々。

どの子も私にとっては宝石と同じくらい貴重で大切な品です。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレット

初めて購入したサフィレットは、左のオーバル型。

まだ、サフィレットという言葉も知らない大昔、ヴィンテージビーズの

お店で偶然見付けました。

その希少価値も分からないまま、ただ美しい素材だと思って3個

購入しました。

ローズカットのオーバルストーンのように見えますが、内側は

くり抜かれており、フォイルが貼られています。

ホールが横にありますので、縫い留め用の素材だったのかも

しれません。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレット

これがサフィレットであることを知ったのは随分後になってのこと。

そして、3個のうちの1個は、遠方に住む同好の士である友人に

贈りました。

その友人からは、画像上のラウンド型でホールが開いている

縫い留め用のサフィレットを沢山プレゼントされました。

こちらも勿体なくてなかなか使えないまま残してあります。

 

右側のちょっと不思議な形状のものは、スフレ(吹きガラス)

タイプのサフィレット。

少し曇ったような質感で、柔らかな雰囲気を持っています。

使いたいと思う反面、スフレという繊細な素材故、割れて

しまったら…と思うと、こちらも使うことが出来ずにいます。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレット


話は変わりますが…。

画像下のハートのサフィレットにホワイトゴールドの台を付けて

ペンダントトップにしようと思ったことがあります。

そこで、ジュエリーリフォームのお店に持ち込んでみたのですが、

「ガラスは破損する可能性があるので…」と断られてしまいました。

その後、中央のサフィレット・ペンダントトップが我が家にやって

来たので、代わりに愛用しています。

(台はホワイトゴールドではありませんが…)

 

このようなヴィンテージの素材は、ご縁という糸で結ばれている

気がします。

そして、その時が来れば自然と集まってくる…。

そんなまだ見ぬご縁をこれからも楽しみに待ちたいと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

SWAROVSKI CRYSTALS Spring/Summer 2018

Swarovski社から、春夏の新色・新シェイプの発売がありました。

ヴィンテージの素材には強く心を惹かれますが、新しい素材達にも

ラブコールを送ってしまう…、気の多いこと、と思ってしまいます。

やはり実物を見てみたいので、扱っているお店に出向き、幾つか

連れて帰って来ました。

  Beads7171

Swarovski社が発表している動画を拝見していて最も興味深く、

実物を手に取るのを心待ちにしていた4928番のストーン。

  Beads718
ダイヤモンドがモチーフとされ、一部にエフェクト加工がされています。

こちらはデザイナーズ・エディションのひとつです。

 

元BMWグループのチーフ・デザイナー(執行役員も兼任)であった

クリストファー・エドワード・バングル(Christopher Edward Bangle)氏が

起用されたとか…。

本来なら平坦に見えるはずのシェイプなのですが、カットとエフェクトで

立体でもなく平坦でもない、不思議な感覚にとらわれるストーンです。

同じシリーズに、4929番と4933番があり、4933番も感覚の混乱を

引き起こす楽しいストーンなので、実物を見て戴きたいと思います。

(今回購入は見送りました)

 

      ↓こちらはBaroque Mirror Fancy Stone

  Beads719
 

その他、バロック(Baroque)シリーズのストーン、ビーズ、パールの

新色、イラデサント・ライトブルー(Iridescent light Blue)を連れて

帰って来ました。

ラッカーシリーズは、綺麗なお色でしたが、こちらも見送りです。

さて、これからどう使うか考えます。

 

Swarovski社の新商品動画は↓↓ 

Swarovski Professional design and application specialist Naomi Balatbat introduces

the new Spring/Summer 2018 crystal innovations.

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

tige

ヴィンテージのビーズが好きな人ならば、どこかで目にしたり

耳にしたりする 『ティージュ』。

フランス語で茎や幹のことなのですが、ピン付きパーツの総称に

使われているように思います。

 

人気が高いのは、ロスレー社(Louis Rousselet)の物ですが、

ジャパン・ヴィンテージの物も最近よく見かるようになりました。

  Beads715

そんな大好きなティージュをフランス・フェアで見つけて連れて

帰ってきました。

Swarovski社の美しくて整然としたカットも大好きですが、

ひとつひとつ手作りされたであろう、柔らかなラインを描く

ヴィンテージのパーツも愛しく思います。

  Beads716

少しづつ集めたティージュ達、ガラスの瓶に入れて保管しています。

ガラス越しに眺めるのも楽しいひと時です♡

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

緑青

前回の記事で、過去作品の巡回と緑青について書きました。

手が空けば直そうと思っている2作品も、ネック部分のピンが

緑青に覆われてしまって、そのままでは着けることが出来なく

なってしまいました。

 

例え一部でも、緑青が毒ではないと解っていても、やはり

見付けてしまった以上は直したくなるもの…。

緑青の被害はピンだけなので、素材に戻して拭ってやれば

ビーズはまた復活してくれます。

モチーフ全体はそのままに、少しアレンジを加えて、また違う

雰囲気のネックレスに仕上げ直したいと思います。

  Beads692
  Beads693
  

このままだと何となく所在無げな、モチーフ達。

ちょっと愛しい気持ちで眺めています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

透かしのプレート

透かしのプレートが大好き。

素敵だな…と思ったら、すぐに連れて帰りたくなります。

 

本当は、実物を手に取ってゆっくり見てから買いたいのですが、

大抵の場合は袋等に入っていたり、ネットショップだと画像で

確認するしかないので、失敗…と思うこともあります。

(裏面に質の良し悪しが出ますね)

勿論、買ってみたものの、お気に入りのまま使わずに置いてある

ものもあります。

 

そんなお気に入りのプレートを眺めているうちに、ふっと思い付いて

別の物に仕上げる予定のモチーフを乗せてみました。

  Beads674

モチーフもプレートも小さ目…。

意外にも、重ねてもボリュームが出なかったので、本来の小振りな

雰囲気を保たれていいかもと思いました。

改めてブローチに仕上げてご紹介したいと思います。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

motif

  Beads673


仕上がって行く沢山のモチーフ…。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

ガラスの花

先週は、小旅行中でブログをお休みしていました。

旅行中でも素材探しをするのはいつものこと。

特に今回は問屋街も巡っていたので、連れて帰りたい素材に

沢山出会うことが出来ました。

少しづつ作品としてご紹介したいと思っているのですが、 

まずはひとつ、素材のままで…。

 

 Etc20

チェコで生まれたピン付きのグラスフラワー。

現代物ですが、あまりお目に掛かることがありません。

見付けた瞬間嬉しくて、ありったけを戴いて来ました。

お色は、シャム(赤)・アメジスト・ホワイト・イエロー。

どのお色も5~6本程度しかなく、プライベート・レッスンで

使うのが精いっぱいですが、素敵に咲かせたいな、と

思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

懐かしの…。

久しぶりに、過去のサークル作品をご紹介したいと思います。

2010年の春に作ったネックレス。

メタルリングに、チェーンを絡ませています。

   Beads416

リングが幾つも重なると、何となくレース編みのように見えて

来ませんか? 

 

このネックレスは、クラスプ等の留め具のないタイプ。

レース編みのようなリングの重なりは、正面でもサイドでも素敵に

おさまるので、気分で場所を変えて貰える楽しみがあります。

留め具がないネックレスならではですね。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

| | コメント (0)

flower

Beads3792009年にサークルで

作ったブローチ。

曲線が美しいメタルパーツを

どうしても使いたくて、

ほぼ強引に、モチーフ

組み込んでしまいました。

モチーフのイメージは『花』。

大きく花びらを広げて、

咲き誇る花を頭に描いて

作りました。

 

 Beads380

ドロップ型のパールは、Swarovski社製。

プラスチック製のパールに比べて重いのですが、

しっとり艶やかな発色は、真似が出来ない…。

大好きな素材なので、ついつい、使ってしまいます。 

 

Beads381_2この時は、色を選びきれなくて、

4色もご提案してしまいました。

ご提案する色が増えると、

選ぶ側も迷いが増すようで、

複数作られた方も

沢山いらっしゃいました。

それでも記憶では、グリーンが

一番人気だったような…。

シックさが目を引いたのかもしれませんね。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧