« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

saphiret

    Beads35

ビーズがお好きな方ならば、一度は耳にした事があると思われるガラス、

Saphiret(サフィレット)』。

19世紀半ば、チェコのヤブロネッツ地方で作られていたにもかかわらず、

製法が不明の為、現代では生産されていない稀少なガラス。

ビーズの中に煌めく青や緑のフラッシュが、見ている者を惹き込みます。

 

稀少故に、なかなか作品に仕上げる事が出来ないサフィレット様を

思い切って使ってみました。

    Beads36

中央のピンクともブルーとも言えないビーズが、サフィレットです。

実は、これは未完成の作品。

ブローチにしようか、ネックレスにしようか、迷ったまま仕上げる事が

出来ないでいるのです。

| | コメント (0)

raindrops

今日は梅雨の中休み。

青空が広がっています。

そんな日なのにご紹介するのは、雨垂れをイメージして作ったネックレス。

長く下がったフリンジが、窓硝子をつたう雨の滴のよう…。  

      Beads33_3   

モチーフの中央に使用しているのは、ヴィンテージのローズカット。

      Beads341    

ローズカットとは、古いダイヤモンドのカットスタイルのひとつ。

底辺が平らで、ドーム状に盛り上がり、その中央に向かって

先端が作られています。

ブリリアントカットの発明以来、下火になりましたが、また人気が

出てきたようで、最近のジュエリーにもよく用いられているようです。

現代ビーズでも、たまにローズカットを見かける事がありますが、

4㎜や3㎜という小さなものは、ヴィンテージでしか見たことが

ありません。

大切に使ってあげないと…と思ってしまいます。 

| | コメント (0)

Bouquet magnifique2

Bouquet magnifiqueのネックレスをお渡ししました。

お気に召して戴けたようです。

早速、着けて戴きました。

 Beads31

モチーフの1つを取って、ブレスレットも

   Beads32

その他、ピアスやブローチ、リング、等々…。

これで、ティアラがあれば、PARURE(パリュール)と

呼んでもいいくらいかもしれません。

| | コメント (0)

Bouquet magnifique

ちょっと、手前味噌なタイトルです。

Beads29_2  

完成したばかりのネックレス。

明日にはお嫁にいってしまいます。

拝借してつけさせて戴きました。

 Beads301_3 

ちょっと自分でも欲しくなりました…。

| | コメント (0)

wreath bouquet

結婚式に行ってきました。

とっても可愛い花嫁さんの姿に、心洗われる想いでした。

花嫁さんが髪に飾っていたのは、花の冠。

華奢な彼女にぴったりのデザインでした。

  

結婚式つながりという事で、wreath bouquetをイメージして

作ったブローチをご紹介します。

Beads27_2

使っているほとんどのビーズはヴィンテージのパーツで、

通し穴はなく、茎のようにピンが通っています。

 Beads28_2 

この中で、特に気に入っているのは、ブルーの薔薇。

1つ1つが手作りの為、少しづつ大きさや形が違います。

そこがまた、選ぶ楽しみを増やしてくれる気がします。

| | コメント (0)

pink!

以前の記事で紹介したネックレス、

le vert fraisbronze and platinum

こちらの色違い、ピンクをオーダーされました。

 Beads25_2   

やっぱり、ピンクで作ると可愛くなります。

お友達にプレゼントされるという事だったのですが、

お気に召して戴けたのでしょうか。

ちょっぴり気になります。

| | コメント (0)

june

6月のサークル作品。

ブローチ3色の中から選んで戴きました。

上段のクリスタルが一番人気でした。

Beads24

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »