« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

葡萄

 「葡萄のイメージで。ソムリエバッジの代わりに着けたいから…」

ご依頼を受けた時、伺った言葉。

 

Beads198 『葡萄』のモチーフなら、

ごく簡単な手法で

作ることが出来ます。

それだけに、安易な

モチーフとなりやすい。

ソムリエバッジのように、

襟元にひとつあるだけで、

その人の格を上げるような

そんな作品に仕上げたくて、

素材の色、大きさを

決めるのに迷いました。

 

 

Beads199

まず、マットになりやすいパールは避けよう…。

葡萄の粒は、カットが綺麗なswarovski社のラウンドだけを使い、

照明に映えるようにしよう…。

細めのチェーンを使って、蔓を表現出来ないだろうか…。

ネック部分は、ビーズつなぎだけにすると、息が詰まりそうだから、

透かしのプレートを入れよう…。

ビーズの色は?プレートは?

悩んだ末に、アメジスト、シクラメンオパール、ライム、ジョンキルという、

4色のビーズを使用して、『葡萄』のモチーフに奥行きが出るように考えました。

 

              Beads200_2

ネックの後ろ部分にも葡萄と葉を配置しているのは、

私なりのちょっとしたこだわりです。

| | コメント (0)

joyful

おもちゃのように楽しいアクセサリー。

アンティーク調のバーに、思いつくまま、好きなビーズを留め付けたネックレス。

      Beads195

『おもちゃのよう…』と言っても、使っているビーズの殆どが、swarovski社製。

とても上質な『おもちゃ』です。

中でも特に上質なのは、四角の大きなビーズ。

着けると、動きに合わせて、キラキラ輝きます。

  Beads196_2

今回お揃いで作ったのは、

ブローチと、コーム。

ブローチもフリンジの

デザインにしました。

シャツの襟元に留めても

バッグの飾りにしても…。

とても着けやすいブローチに

なりました。

 

 

Beads197

最後にコームを…。

髪に挿すと、意外な程

目を惹きます。

『女性は髪に何も

挿さないと、魔が差す』

という言葉を聞いた事が

あります。

 

 

もしかしたら、今が最も女性の髪に何も挿されていない時代なのかも…。

少し考えさせられる言葉です。

|

corolla

2009年秋頃の作品。

Beads192  

ボールチェーン3本が

くっついたデザインの

変わりチェーン。

チェーンのデザイン

活かしたくて、

花のモチーフはあえて

シンプルにしました。

 

チェーンと同じ色の

透かし柄のプレートを

下に入れていますので、

華やかさが出ます。

 

 

 

揃えて着ける事が出来るように、ブレスレットとブローチも作りました。

 Beads193_2

ブレスレットは、着けると花が

手首を取り巻きます。

子供の頃に作った、

しろつめ草やレンゲ草の

ネックレスや冠を

思い出しながら作りました。

  

 

  

 

このセットの中で一番気に入っているのは、実はブローチ。

       Beads194

透かしプレートに、花モチーフとフリンジを飾り付けています。

大振りのブローチなので、着けるとコサージュ並みの存在感があります。

今は人手に渡っていますが、写真を見ていると再会したくなりました…。

| | コメント (0)

nails-april sakura

桜の季節に合わせたように、枝垂桜のようなピンクと淡い桜色のネイル。

桜花ではありませんが、花の絵を入れて貰っています。

      Nails15

 

Nails14_2

終わり際の桜を

楽しみながら

のんびりとお散歩。

 

風に飛ばされたのか

花のままの桜を

いくつも見掛けました。

綺麗な物を拾って

ネイルと一緒に

記念撮影。

 

お散歩をしたのは川沿いの小路。

Etc81川面は、花びらを

敷き詰めた

桜のカーペット。

空からは桜吹雪…。

満開の桜は勿論、

心躍る素晴らしい

光景なのですが、

終わり際の桜も

趣があって、

とても良いものです。

| | コメント (0)

motifs

この作りかけのモチーフは、vintage rose 2bijoux 2 の元となったもの。

Beads189_4

Beads190_2このような作りかけの

モチーフは沢山あり、

いつか作品となる日を

待っています。

発展して個人の作品や

サークル用の作品に

なる事もあり、

そのまま眠って

しまう事もあり…。

  

モチーフのパターンを考えたい時は、あまり色を使わず作ります。

ルースやガラスビーズなら  クリスタルカラー、パールならプラチナ、淡いグレー、

ホワイトカラーを使う事が多くなります。

その後で、色の組み合わせを考える…その作業は、とても楽しい時間。

勿論、初めから特定の色をイメージして作る事もありますが、そのお話しは

また別の機会に…。

 

Beads191_2クリスタルカラーを

使った作りかけの

モチーフ達。

上のものが気に入って

いるのですが、なかなか

作品に  発展せず

時々眺めるだけに

なっています。

 

 

いつか形になれば、  またご紹介したいと思います。

| | コメント (0)

april-2012

4月のサークル作品は、3月のブローチmarch-2012と対になっています。

セットでも、別々でも使って戴けます。

       Beads186

どちらもそれなりに存在感のあるブローチなので、セットにすると、かなり目立ちます。

 

Beads187_2  

春に活躍してくれる

ジャケットの襟に

重ねて着けました

 

やはり仕事には

ちょっと華やか

過ぎますね…。

 

 

 

長く愛用しているレースのブラウスには、こちらの色のセットが合います。

Beads188

このブラウスのレースは

とても繊細で美しい。

気に入っているので、

2月のサークル作品

february-2012)の

背景にも使っています。

 

購入した当時の私には

ちょっと背伸びだった

ブラウス。

ようやく年齢が追い付き

自然に着られるように

なった気がします。

| | コメント (0)

partners

華やかなビーズの陰に隠れて光が当たる事がない、そんな、作品を支えてくれる

大切な裏方をご紹介します。

Beads184_2 蓮の花が終わった後のような、

この金属のパーツは、『シャワー』。

このシャワーに、テグスやワイヤーで

ビーズを縫うように留め付けます。

例えば前の記事rote rose

表からは見えませんが、4つの

シャワーを使っています。

モチーフが仕上がったら、裏側に爪がついた蓋を被せて、シャワーの裏側を

隠してしまいます。

裏蓋には、ブローチのピンが付いているもの、ネックレスになるようにカンが

ついているもの、大きさも様々で、作品には欠かせない重要な材料です。

 

Beads185_3もうひとつの大切な裏方。

ビーズとビーズをつなぐ9ピン。

ピンにビーズを通し、適度な大きさに

先を丸めます。

時には、ひとつの作品に

100本以上のピンを使うことも…。

 

 

そして、そのピン先を丸めたり、つないだり、カットしたりするのに使っている

お道具達。

               Etc7

赤いプライヤーは、細かな作業をするのに使っていますが、使用頻度が

高いせいか、3~4年で壊れてしまいます。

これはもう5代目くらいでしょうか。

私の手のサイズに合うので、壊れる度に同じものを求めています。

黄色のものは、ピン先を丸めるのに使います。

断面が『○』型で、先に行くほど細くなっています。

元々は電気工事等に使用する工具のようで、ビーズ用ではないのですが、

とても手に馴染んでいて、もう10年以上愛用しています。

表舞台には登場しないけど、とても大切な相棒達です。

| | コメント (0)

rote rose

「深紅の薔薇色のネックレスを…」

深紅よりも、白薔薇が似合いそうな女性から、ご依頼を戴きました。

 

Beads183_2『薔薇のイメージ』

という事で、安易に

薔薇型のビーズを

使ってしまいましたが、

ご満足戴けたようで

安心しました。

   

 

中央下に見える、細かなストーンを散りばめたパーツは、オリジナルの配色。

 

Beads182_2

今まで使った事がない程

大きなストーンは、意外にも

煌めきは控えめ…。

「薔薇には蝶でしょ」、と

ピンクの蝶を飛ばしているのは

ちょっとした遊び心です。

 

珍しく、強い色ばかり

使った作品。

思うまま、楽しんで作らせて

戴く事が出来ました。

 

ネックレスの後ろには、星のようなメタルプレートを付けています。

このプレートには、スナップが付いていて、付け外す事で、このネックレスを

2連にしたり、独立した1連のネックレスにする事が出来ます。

      Beads181

シーンに応じて使い分けて戴ければ…と思っています。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »