« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

All About Eve …

2010年春のサークル作品。

       Beads228

1950年代に公開されたアメリカ映画、『イヴの総て』。

主人公の大女優、マーゴ(ベティ・デイヴィス)をイメージして作ったものです。

古い映画なので、白黒なのですが、ひとつひとつのシーンがとても印象的

衣装(担当:イデス・ヘッド)も素敵で、何度も繰り返して観ました。

スター女優へとのし上がった、かつての自分の付き人を、冷ややかな目で

見つめるマーゴのシーン。

Beads229

肩の出たドレス、

上のグローブ…。 

こんなブレスレットを

グローブの上から

着けていたら…と

想像しながら作った

ことを思い出します。

 

この映画には、端役ですが、若かりし頃のマリリン・モンローが出ています。

無名の頃だったようですが、観ていて、パッと惹きつけられる可愛らしさが

ありました。

| | コメント (0)

Dress cute …

   Dress cute wherever you go, life is too short to blend in.

                      -Paris Whitney Hilton

          Beads226

    -どこへ行くにもかわいらしく着飾りなさい。

       人生は短過ぎてすべてを着られないんだから。

 

ヒルトンホテル創設者の曾孫、Paris Whitney Hiltonの言葉。

これは誤訳という説も多々ありますが、私は可愛くて素敵な和訳だと

思っています。

 

『かわいらしく着飾れ』そうな、ドレスとシューズ。

ドレスは、ウインドウに飾られていた時から幾度となく目にし、

素敵だと思い続けていたもの。

自宅のワードローブの中にはない生地感や色合いに魅せられて、

手に取った瞬間、連れて帰る!と決めてしまいました。

Beads227_4

こちらのブローチは、似たパターンでビーズや細部を変えて作ったもの。

ご依頼のお品です。

ブローチ以外にも、シンプルなネックレスやブレスレットも作ってあり、

セットで着けて戴くと、優雅な雰囲気になります。

このドレスと合っている!と、思わず記念撮影。

お渡しするのが、少し惜しくなってしまいました。

こちらのドレス用にも、アクセサリーを誂えてみようかと思います。

| | コメント (0)

nails-july sweet heart

       Nails20

今回、爪先に描かれたのはキュートなハート。

ダンスをしているようにも見えて、目にする度に楽しい気分になります。

ラッキーシンボルとして愛され続けているハート。

身に纏うことで、幸運を呼び込めればいいな、と思います。

| | コメント (0)

july-2012

7月のサークル作品。

        Beads223_2

中央モチーフの上部に使用しているルースは、それぞれswarovski社の新色。

ローズピーチ、ルミナスグリーン、ナイトブルー。

名前を聞くだけでも、トキメキを覚える美しい色達…。

 

Beads225_5人気が高かったのは、

ルミナスグリーンを抱く

こちらのカラー。

オーロラのように、

色を変えながら輝く様に

魅了された方が多かった

からでしょうか…?

 

 

 

青味のある深い紫のパールを使ったこちらのカラー。

夜の帳が下りる、その一瞬前をイメージしています

ナイトブルー(night blue)というルースの色とも合っています。

 Beads224

| | コメント (0)

broche

もう、いつ作ったのか思い出せないくらい前に作ったブローチ。

少しだけパーツの種類と作り方を変えただけで、2つのブローチは、ほぼ同じもの。

二卵生の双子のようです。

            Beads222

 

淡い色ばかりを集めたこちらのタイプ。

Beads220コッパー(copper:銅)

という赤茶色と

ぺリドットという

緑色のルースが

目を惹くように、

全体の色を抑え目に

しています。

 

中央のルースは、

バックフォイルが

施されていない

珍しいタイプ。

 

 

以前は、幾種類も見られたのですが、最近は少なくなりました。

折角のアンフォイルなので、キューレット面を表に出しています。

ルースは全て swarovski社製…。

流石に輝きが綺麗です。

 

      Beads221

黒のタイプも色のトーンは抑えていますが、淡いタイプとは真逆の黒系。

中央のブルーが黒に囲まれている事で、ミステリアスな印象に…。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »