« antique rings | トップページ | nails-august turquoiseⅡ »

crystal

クリスタルの名を持つ、swarovski社のビーズを使った自分用のブローチを

2種類ご紹介します。

自分用にと作る時は、サークル作品の残りや、デットストック化していた

過去のビーズを使用する事がほとんど…。

こちらは、そんな『残り物』を使用した、作ったばかりの作品。

      Beads233

メインビーズは、本来はシャンデリア用のペンダントパーツとして、

作られたもの。

四方へ伸びるようなイメージで配置しました。

クリスタルのカラーと白いパールのみの、色味のないブローチ。

派手さはなくても、ペンダントパーツの効果もあって、存在感があります。

 

こちらは、ブログのプロフィール写真にも使用しているブローチ。

このブログの最初の記事にもこちらの作品の画像を載せました。

 Beads234

中央のルースは、『クリスタル スノーホワイト』という名を持っています。

綺麗な名前ですが、私のこの色に対するイメージは少し違っています。

透き通った白さの中に見える虹色の煌めきは、過去に北海道で見た

ダイヤモンド・ダストを彷彿とさせます。

日本語では、『氷霧』や『細氷』と呼ばれるようですが、煌めきに包まれて

いるような気分にさせられるその現象は、『ダイヤモンド・ダスト』という

呼び方が相応しい気がします。

『氷』ではなく、『宝石』の煌めき…。

周囲に使っているビーズの方が、『氷』のイメージに近いかもしれません。

|

« antique rings | トップページ | nails-august turquoiseⅡ »

brooches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« antique rings | トップページ | nails-august turquoiseⅡ »