« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

a motif necklace

8月のサークルではブローチを作りました。(august-2014

そのモチーフを使ったネックレスを、とご依頼を戴きました。

  Beads413
     

Beads414_2メインのモチーフは

そのままに、同じビーズや

ストーンを使った小さ目の

サブモチーフを添えて…。

2つでは少し物足りなく

思えたので、パールで

小さな花モチーフを

作って、バランスを

取りました。

 

ピンつなぎのシンプルなネックレスを作るのも好きですが、

やはり、モチーフ物となると本領発揮と言いますか、

心が燃える気がします。

モチーフを作るのが好きなんだな、と改めて感じた作品でした。

 

すでに実物はお渡ししています。

ピンクベージュは春っぽい華やかなお色ですが、秋のブラウン、

冬のホワイトにも優しく調和しますので、是非これからの季節に

ご愛用戴ければと思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

| | コメント (0)

padparadscha & jet

6月に、『brooch collection 2014』と銘打って、一週間ブローチを

ご紹介するブログ内イベントを行いました。

その初日を飾ったのは、紫陽花をイメージしたブローチ

このモチーフがとても気に入ってしまったので、その後、幾つか

色を変えて作ってみました

  
その中の2色、大好きな色でもある『パパラチア』と『ジェット』を

ご紹介したいと思います。 

   Beads412_2


パパラチアとは、以前にもご紹介しましたが、宝石の名前のひとつ。

ピンクとオレンジの中間のようなお色で、見ていると晴れやかな

気持ちになります。

 

少し前に、本物のパパラチアに触れる機会がありました。 

本物は、Swarovski社のストーンよりも、やや淡く優しいイメージで、

危うく魅了されてしまいそうでした…。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

| | コメント (0)

remake

以前に、『black dress』というタイトルで記事を書いたことがあります。

その時に、ご紹介したネックレス、モチーフの収まりが良くなかったようで、

リメイクさせて戴きました。

   Beads410

丈をグッと短くして、モチーフがデコルテを飾るように調整。

 

      Beads411
 

短くした分、当然ビーズは

余ってしまいます。

そこで、少しビーズを足して、

こちらはごくごくシンプルな

一連のネックレスに

仕立てました。

丸い大き目ビーズが

ポイントです。

 

どんな作品でも、仕上がった時の喜びは等しく大きく、

そして別れは辛いもの。

リメイクであっても同じことです。

今回も、別れ難い気持ちを抑えて、お返ししました。

たっぷり身に着けて貰ってね、と願いを込めながら…。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

| | コメント (0)

september-2014

ふっと気が付くと、いつの間にか日が短くなっていることに

驚きます…。

そう言えば、明日8日は中秋の名月、そして明後日9日は

菊の節句とも言われる重陽の節句。

しみじみ日本の季節の楽しみ方は奥が深いと思わされます。

 

今回のサークルは、Swarovski社の10ミリの大粒パールを使って、

ネックレスを作って戴きました。

30数色あるパールの中から、お好みの色を3種類選んで戴き、

自分だけのオリジナルの配色を楽しんで…。

 

色と色を繋ぐのは、シルバーの透かしが入ったフロストボールと

ラインストーンが鏤められたリボン。

クラスプは使わずに、どの部分が前に来ても良いようにしています。

 

30数色分のパールに圧倒されてか、決めきれずに、2つ作られる方が

続出したのは、嬉しい誤算でした…。

同じ色相で濃淡を楽しまれる方、巧みに補色を組み合わせて個性が

際立つ作品に仕上げられた方、秋をイメージしてか、シックなお色で

まとめられた方…。

それぞれの方が、選ばれる配色は、どれも本当に素敵でした。

 

    Beads409_2


ブログでは、私が作ったサンプル作品を…。

大人可愛い色合いで、密かに愛用中です♡

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »