« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

重ねる…

重ねることで生まれる、『雰囲気』…。

 Beads578


  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

Three Sisters

前回の続きです…。

 

小花モチーフとストーンを丸く集めたブローチの最後の一色は、

ブラウン・ベージュ系。

ご依頼戴いた方のお好みの色を集めて作りました。

  Beads576


ひとつひとつのお色は、シックで落ち着いたイメージ。

集めてみても、そのイメージは変わりませんが、輝きを纏って

いる分、華やかになります。

 

今までご紹介した3作品、全てを集めてみました。

個性が少しづつ違うので、3姉妹な感じがします…。

 Beads577

 

3色作ってみて、ターコイズのような鮮やかなブルーや

エメラルドのような華やかなグリーンで作ってみたらどうだろう?

と欲が出始めています。

今は少し時間の掛かるものに取り掛かろうとしていますので、

また、そちらが落ち着いてから作ってみようと思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

sakura

心華やいだ桜の季節は、また来年までおあずけ…。

とは言え、場所によっては、八重桜はまだ目にする事が出来ます。

  Sakura001


今年から我が家にやって来た盆栽の桜。

札には一才桜旭山と書かれていました。

一才桜旭山は、バラ科サクラ属サトザクラ系サクラ。

淡い八重の花を沢山咲かせるとのこと。

丁度今が見頃で、枝を覆い尽くすように咲き誇っています。

 

日々花を咲かせて行く桜を眺めながら、色に触発されたブローチ。

以前作ったブローチの色違いになります。

  Beads575

今回は、桜を思わせるピンク系のストーン、手元に僅かしか残って

いない、希少なヴィンテージのリーフストーンなどを使いました。

同じデザインでも、色が違うとまた新鮮な気持ちで作ることが

出来ます。

 

ブローチ中央のストーン、先日から2度に渡ってご紹介している

セリーヌ・クストー氏デザインのものです。

モチーフのテーマは、Jellyfish(クラゲ)

周囲はフロスト加工されており、輪郭がふんわり曖昧な感じ…。

海の中でゆらゆら漂うイメージなのかもしれません。

 

今回のセリーヌ・クストー氏のデザインに共通しているのは、

どこかにフロスト加工がされているところ。

何となく、春霞のようにも思えます。

 

このブローチのシリーズ、実は、あとひとつ、ご依頼を受けて作った

カラーが存在しています。

それは、また、次回にご紹介しようと思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

sprig parts

葉のついた小枝の小さなパーツ。

それを、ただただ繋いで行くと、仕上がるのはシンプルなネックレス。

葉と枝のしなりの効果もあって、シルエットはちょっと面白い…。

 

枝のしなりをどう生かすかは、作者のさじ加減だと思うのですが、

このパーツだけでネックレスを作る、というのはご依頼主様からの

ご提案でした。

しかも、1本だけではなく、長さを変えて1連と2連と…という事だった

ので、ひたすらCカンを使って、パーツを繋ぎました。

全て仕上がってから、色んなパターンでトルソーに掛けて写真撮影。

  Beads571_2
  Beads572


最後に、今回ご依頼のあった分全てを重ねると、トルソー上に

描き出されたのは、迫力のあるうねりと重なり…。

その線の綺麗さにうっとりと見入ってしまいました。

  Beads573
  Beads5741


ご依頼戴いた時には、既に全てを重ねたイメージがあったのか、

渡しする際に聞いてみようと思っています。

そして、実際にどのように着けて戴けるか、とても興味があります。

全てを一度に着けられる事はないかもしれませんが、一回くらい

試して戴けたらな…なんて期待も寄せています。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

remake

基本的に私が作るアクセサリーには、ボンドの類は必要最小限しか

使用しないことにしています。

その為、素材に戻して新しく作り直したり、一部を作り変えたり、と

素材そのものを活かし続けることが可能です。

 

私の作品ではなかったのですが、

「もうこのままでは着けられない、でも、折角の素材が勿体ない…。

どうにかなりませんか?」

そんなお声を頂戴して、ロングネックレスとブレスレットを別のものへと

リメイクしました。

 

元来、『リメイク』とは、映画を対象とした言葉であったようですが、

今は、音楽やファッション等々にも幅広く使われています。

似た言葉は色々ありますが、『素材そのものを壊さず、再び作る』

というイメージが『リメイク』という言葉に合っている気がします。

(あくまでも主観ですが…)

 

さて、元の作品は、パールとスワロフスキーをテグスで繋いだ1連の

ロングネックレスと、ダイヤ型のスワロフスキーが平たく編まれた

幅広のブレスレット。

残念ながらテグスに通しただけのネックレスは、ビーズの重みで

テグスそのものが伸びてしまうので、完成時の状態を保つことが

難しいように思います。

このネックレスも、テグスがかなり見えてしまっていました。

編んであるものなら、無理な力をかけない限り、状態を保つことが

出来るのですが…。

 

全てを一旦素材に戻し、パールとラウンドのスワロフスキーはピンで

繋いだネックレス2本へと生まれ変わらせました。

長さを補充し、変化を持たせる為に、透かしのメタルビーズをほんの

少し足しています。

  Beads568


ダイヤ型のスワロフスキーは、丸く編み上げて、幾つかのパーツに。

こちらも透かしの入ったメタルビーズを加えて長さを調節し、

少し大振りのネックレスへ変身させました。

  Beads569


残しておいたビーズを使って、お揃いのピアスも…。

それでも少しだけダイヤ型のビーズが余ったので、前にオーダー

戴いたチェンジャブルのネックレス用のパーツに仕上げました。

  Beads570


金具類は全て一新しましたし、長さを調節するためのメタルビーズや

丸モチーフの為のシードビーズ等、加えたものはありますが、

あくまでも補助的な役割…。

元の素材を活かしきった、と満足しています。

また、ご愛用戴ければ、きっと素材達も喜ぶでしょうね。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

Radiolarian Pendant partly frosted

前回に引き続き、セリーヌ・クストー氏デザインのパーツを使った

作品をご紹介します。

 

Radiolaria(ラジオラリア)とは、一般的に言う海産のプランクトンのこと。

外見は様々ですが、、セリーヌ氏とSwarovski社の手にかかると

このような大胆なシェイプになるのか、と驚かされます。

Swarovski社らしい繊細なカットに、複数のホール、クリアとフロスト…。

ひとつのペンダント・パーツの中に色んな要素が凝縮されています。

 

眺めている時は、イマジネーションが広がる存在でありながら、

実際手に取ってみると手強いパーツ…。

まずは、ブローチを2種類作ってみました。 

ひとつは、ご依頼のもので、手元にはありませんが、この時の

モチーフが、後に別のブローチにと発展しています。

 

  Beads567

透かしプレートに重ねることで、その奥に見え隠れする 

お洋服の色や質感を違って見せられたらいいなと思いながら

作ったブローチ。

主役然とその存在をアピールしています。

 

もうひとつ、同じように小さな花モチーフを組み合わせたブローチ。

ホールにダイヤチェーンを絡めて、特色を活かしました。

そのせいか、若干主役色が薄れる気がします。

  Beads566

青味のあるグリーンのストーンの色名称は『Pacific Opal』。

太平洋の海を表現したシーグリーンということで命名されています。

海繋がりで選んだのですが、綺麗にまとまりました。

  

あと残っているのは、Jellyfish(クラゲ)とSnail(巻貝)。

Jellyfishは既に手元にあり、近々作品に使う予定をしています。

Snailは、まだ入手していませんが、独特な形状を活かせる何かを

思い付いたら、作品へと発展させたいと思っています。

(難しいかな…?)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

Sea Urchin Round Stone

毎年Swarovski社からは新色や新アイテムが発売されます。

今年は、Designer Editionとして、写真家のセリーヌ・クストー氏

デザインの商品が発売されました。

著名な海洋探検家の孫らしい、海の生物をテーマにしたデザインに

なっています。

 

今回使用したのは、その中のひとつ『Sea Urchin(ウニ)』。

ウニのシルエットが、フロストとクリアでドームの中に表現

されています。

  Beads565
 

そんなデザインの意図とは全く関係なく、大好きな透かしプレートを

使ったペンダントを作りました。

  Beads564

お気に入りの花モチーフと、ジルコニアの花、リボン…。

『ウニ』のイメージと、かけ離れていますが、仕上げてみると

透かしプレートが全てをまとめてくれました。

 

ペンダントトップを際立たせたいので、ネック部分は細く繊細に…。

最近見付けたシンプルなバーを、3mmのパールでつなぎました。

 

セリーヌ・クストー氏のデザインは、その他に3種類あります。

Jellyfish(クラゲ)、Snail(巻貝)、Radiolarian(プランクトン)。

Radiolarian(プランクトン)は、別のブローチに使っていますので

またご紹介したいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

Piari

私にはピアスホールがありません。

「いくらでもお洋服に合わせてピアスを作れるのに勿体ない…」

とよく言われます。

ピアスホールを開けない理由はただひとつ、『コワイ(痛そう…)』。

注射を嫌がる子供と同じです。

 

お友達を見ていても、ピアスのお洒落を楽しんでいる人は多く、

素敵だな、いいな、という気持ちになります。

ピアスのように、顔近くに輝くものがあると、華やかになったり

横顔にえも言われぬ雰囲気が漂ったりして、憧れはつのるばかり…。

さりとて、イヤリングを着けるかというと、これまた耳が痛くなったり

片方なくしてしまったりと、残念な結果になることがしばしばで

耳元を飾ること自体を諦めていました。

 

ところが、最近、耳に合うイヤリングの金具を見付けて、すっかり

虜になってしまいました。

それは、『ぴあり』という名のイヤリングの金具。

京都のアクセサリーショップのスタッフさんが開発されたもので、

着用に専用のクリップが必要です。

 

しかし、着けてしまえば、一日中でも痛くならず、落としもせずと、

私にとっては、『憧れのピアス』に一歩近付けるアイテム。

 

  Beads563
  ファースト・ぴありは、繊細なお花のフィグリーと

  大好きなプラチナカラーのパールを組み合わせて…。

 

  Beads562
  セカンド・ぴありは、Swarovskiのストーンをちりばめた

  小さな花モチーフ。

  あえて、左右異なるモチーフで作りました。

 

これからは、耳元のお洒落も楽しめそうです。

ぴありの詳細はこちらからどうぞ♡

(ショップでは、完成品だけでなく、パーツ販売もされています)

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

The square fancy stone

  Beads561


ここしばらく、透かしプレートばかりを贔屓にしていたのですが、

久しぶりに、シャワーを活かしたモチーフも作りたくなって、

気持ちの向くままに、ブローチを仕上げました。

中央の四角いストーンが強調されるように、他のパーツは

どれも控えめに…。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

White flowers shining in light

新しい作品が仕上がる度に、矯めつ眇めつ…。

いつまでも飽きることなく眺めてしまいます。

 

一番新しい作品がこちら…。

  Beads560


白い光だけを集めた花束のイメージ。

中央のヘキサゴンは、実は白に近い淡い淡いラベンダー。

取り巻く花モチーフも、クリスタルの白や、少し影を含んだ白など

単調にならないように、少しづつ色合いを変えています。

 

そして、目下、とても気に入っているドイツ製の透かしプレート。

繊細な模様であっても作りは堅牢で、厚みも適度

全てのモチーフやストーンを綺麗にまとめてくれます。

 

透かしプレートを眺めているだけでも、あれもこれもとイメージが湧き、

次々に作りたくなってしまいます。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

Minne

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »