« motif → necklace | トップページ | Christmas present »

クレイ素材を使って…

クレイ(樹脂粘土)やレジンは、作品の中に組み込むパーツを作ったり、

接着の役目として使う事はありますが、単体の作品として使用する

ことは稀です。

何故なら、『素材に戻せる』をテーマのひとつにしているから…。

クレイやレジンを溶かさない限り、素材に戻せないようでは、ちょっと

困るのです。

 

それでも、巷で見かけるそれらの作品の可愛らしさに、気持ちが

傾くことも否定出来ませんし、作るのも楽しそうに思えます。

そんな誘惑に負けて、クレイを使ったリングを作ってみました。

 

正式なお教室には通っていないので、本が頼り。

本には、大きいサイズのストーン→中サイズのストーン→最後に

小さなもので間を埋めるとあるのですが、慣れないからなのか

思っていた程、綺麗に仕上がらない…。

そこで、やり方を変えて作りなおしました。

中心に大きいストーンを乗せて、10倍ルーペを覗きながら、既に

セットしたストーンに沿うように、細かなストーンや中サイズの

ストーンを乗せて行きました。

  Beads677
  Beads678

仕上がったリングは大振りで、大人ならではのボリューム感。

楽しかったので、また違うお色でも作ってみようと思います。

 

そして、この勢いのまま、ボールも作りました。

細かなストーンをビッシリと乗せて行くのは根気が続かないな…

思ったので、大き目のストーンを使って、シンプルな仕上がりに。

  Beads679

こちらはピアスに加工しましたので、友人へのクリスマスプレゼントに

しようと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

|

« motif → necklace | トップページ | Christmas present »

pierced earring」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« motif → necklace | トップページ | Christmas present »