« ブローチはネックレスパーツへ… | トップページ | ブローチはペンダントトップへ… Ⅲ »

ブローチはペンダントトップへ… Ⅱ

先日の記事に引き続いて、ブローチがペンダント・トップになる

ブローチをご紹介したいと思います。(2008年夏頃の作品)

 

この手のブローチにとても便利なのが、透かし模様の入った

クラスプ。

背に回って見えない、ネックレスの留め具としてだけ使うなんて

勿体ない。

綺麗な透かし柄なので、ひとつの飾りパーツとして使っても

良いのではないかと思います。

 ルコリエ カボションブローチ

今回のブローチは、大き目のパールカボションを中心に、

周囲をSwarovski社のハート型ペンダント、シュガーパール、

ジルコニア・フラワー、チェコ・ダブルフェイスオクタゴン等で

取り巻いたもの

パールカボションを留めている台座も、フレームに花綱が

付いたものを選んでいます。(この台座も最近見かけなくなりました…)

そして、透かしクラスプは、ブローチの下に来るように留めます。

 

さて、このブローチをペンダント・トップとして着ける時は…。

  ルコリエ ペンダントになるブローチ

透かしクラスプの口に、ネックチェーンの先に付けた金具を

差し込んで完了。

ネックチェーンを長くすると、トップがクルクルと回るので、

プリンセスの長さ(42cm前後)くらいがベストだと思います。

 

このブローチの天地をひっくり返してペンダントトップにする

手法を用いた作品を、もう一品ご紹介したいと思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

|

« ブローチはネックレスパーツへ… | トップページ | ブローチはペンダントトップへ… Ⅲ »

brooches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブローチはネックレスパーツへ… | トップページ | ブローチはペンダントトップへ… Ⅲ »