« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

昔のモチーフを使って…

昔に作ったモチーフを見て、「これ、違う色で作ろうかな」、

「違うアクセサリーにしてみたいな」と思う時があります。

作った時は、「仕上がった」程度の感想なのに、今になって

強く心惹かれるのは何故?と不思議になります。

 

今回も、少し前にブログで取り上げたことをきっかけに、

サフィレットブローチを違うパターンで作りたくなりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレットブローチ

シクラメンオパールのストーンを使って、元のモチーフ(左上)と

ほぼ同様に作ったのが右のもの。

まだ裏側の処理はしていなくて、ピアスにしようか、それとも

お下がりを大き目のストーンに交換して、ペンダントトップに

しようか思案しています。

 

同様にファーングリーン・カラーのストーンで作ったもの(下)も

どんなアクセサリーに仕上げようか迷っています。

あまり単独で作ることがないので、ピアスにするのが

珍しくていいかな、とかなり心が揺れています。

 

さて、どんな作品に仕上がるのか…。

自分でも楽しみです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

久しぶりの折り紙

昔から物を作ることが大好きでした。

今は、ほぼビーズに専念して、あれこれと手を出すことは

控えています。

それでも本屋さんに行くと、必ず手芸コーナーで編み物、

洋裁、刺繍、切り絵、と様々な本を見てしまいます。

 

そんな折にふと目に留まった一冊の本。

『くらしの折り紙とちょこっと紙小物』。

昔作った簡単な箱や、プレゼント用の箱、ぽち袋、たとう、

ギフトバッグ等、今すぐに使いたくなる様々な紙小物の

作り方が載っています。

 

そう言えば昔、家には折り紙の専門誌がありました。

季刊本だったような気がしますが、『折り紙』と言うよりは

ペーパーアートでしょう、という作品が折り方と共に

紹介されていました。

私は本を眺めるだけで、折ってみた事はないのですが、

奥が深いなぁと感心した記憶があります。

 

さて…。

『くらしの折り紙…』はアートではなく実用的だと思ったので、

買って帰って来ました。

作品の包装に使えると思ったので、先ずは『ギフトバッグ』を

作りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス
  ルコリエのビーズアクセサリー ピアス

正方形の紙で作れるので、クラシックなプリントがされている

千代紙を使ったのですが、とても可愛く仕上がったのでは

ないかと思います。

千代紙1枚では強度が不安なので、2枚重ねにすれば

使えそうな気がします。

その他、カードスタンドやプレゼントに使えそうなボックスを

作ってみようと考えています。

可愛い千代紙だけでなく、素敵な紙袋の再利用にもなるかな…?

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

新しいお客様

新しいお客様との出会いはいつもとても楽しい♡

楽しくて、ついつい饒舌になってしまうことがあります。

それは、多分、色々なビーズの世界を知って欲しいから…。

稀少なビーズ、Swarovski社のお話やデザイナーのこと、etc. …。

呆れられているかもしれませんね。

 

さて、オーダーについては大きく2つに分かれます。

予算とお好みの色や用途をお伺いして、デザインを一から考えて

お作りするフルオーダーのパターン。

既に作っている作品をご覧戴いて、その中からベースのデザインを

選んで戴いて、色や細かなパーツを調整して行くセミオーダーの

パターン。

今回オーダーを戴いたのはセミオーダーのパターンです。

  ルコリエのビーズアクセサリー セリーヌクストー

この2点の作品が元となります。

 

左はペンダントなのですが、トップ部分のデザインを使って

ブローチに仕上げて行きます。

ベースの透かしプレートは、最近見かけなくなりましたので、

この作品が最後の使用になりそうです。

 

右のブローチは、デザインそのままで、お色を変えます。

使っているSwarovski社の雫型ペンダントパーツは、

ブログでも何度か取り上げているセリーヌ・クストーデザインの

ラジオラリア(プランクトン)。

留める目的以外、デザインとしてのホールがあるものは珍しい

ので、とても気になる素材です。

 ルコリエのビーズアクセサリー セリーヌクストー

これからワクワクしながら取り掛かります。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

小さなピアス

Swarovski社の小さなストーンを使って作った小花。

そのまま小さなピアスを作りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー 小花のピアス
  ルコリエのビーズアクセサリー 小花のピアス

花弁ひとつの大きさは6×4㎜と6×3mm、中央のジルコニアは

4㎜と5㎜。

シャワーに留めて作っているのですが、裏は透かしプレートを

テグスで留めて、なるべく軽く仕上がるように工夫しています。

透かしプレートの大きさは14㎜で、一回り小さい小花の

可憐さは想像戴けると思います。

 

これらは、普段あまり色のものをお着けにならない方からの

ご依頼品。

優しくて少し曖昧な色合いのブラッシュローズと、静かな

ライトアメジストのお色なら、着けて戴けそうです。

シックな装いに花を添えて下されば嬉しいな、と思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

モノクロームの世界

先日来ご紹介しているモノクロームの世界のアクセサリー…。

( 美しきモノクロームの世界指先にモノクロームの世界を… )

全てが仕上がり、お渡しするだけとなりました。

そこで、出来るだけ並べて記念撮影。

  ルコリエのビーズアクセサリー パリュール

お気に召して戴けるかな…?

お渡しするのが楽しみでもあり、不安でもあります。

 

最後にコームを2種類。

我ながら可愛らしい仕上がりで気に入っています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヘアアクセサリー


   

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

指先にモノクロームの世界を…

前回の記事の続き、なのですが…。

グレーのネックレスのお揃いのアイテムとして、ブローチや

リング、ヘアアクセサリーも作っています。

ここでは、リングとブローチをご紹介しようと思います。

  ルコリエのビーズアクセサリー モノクロームのアクセサリー

ブローチとリングは似た雰囲気にしたかったので、先にリングを

考えて、それに合わせたブローチをデザインしました

ちょっとブローチが小振りになってしまいましたが、お洋服の

生地が薄くなるこれからには、丁度良いのかな、と思います。

 

逆に、リングはやや大振り…。

確実に指からはみ出すサイズで、ひとつで十分なボリューム

お色はシックですが、手が一気に華やかになります。

 

週末にお渡しする予定ですが、きっと、素敵に着けこなして

戴けるのだろうなぁと楽しい想像に心を躍らせています

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

美しきモノクロームの世界

シリーズでアクセサリーを作る時は、材料の配分もあり

一気にパーツを作ってしまうことがよくあります。

不足があれば、早めに材料の調達も出来るので、

仕上げながらパーツを作るよりも効率的だと思っています。

 

今回のご依頼のセットも、必要数を大まかに計算して、

ピンパーツを一気に作ってしまいました。

(これは材料の一部です)

  Beads795

いつものアンティークゴールドの金具とメタルパーツ、

2種類のグレー…。

モノクロームの世界のような、それでいて、アンティーク

ゴールドの幽かな色味が深みを与えて、美しいグレーの

世界になったのではないかと思います。

  Beads796

ちなみに、今回使用したSwarovski社のビーズの色は、

『クリスタルサテン』と『ブラックダイヤ』。

名前も美しいビーズ達です。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

続・10色のネックレス

10色分のパールとパヴェボールを使って、シンプルなネックレスを

作るという話を数日前のブログで書きました。(10色のネックレス

 

ビーズを通したピンパーツは既に出来上がっていたのですが、

繋いでネックレスにするのに時間が掛かってしまいました。

(始めてしまえば早く仕上がるのですが…)

 

ビーズの大きさが同じ順に並んだお色違いのネックレスに

したかったので、元となるネックレスを見ながら繋ぐのが、

一般的な方法かな、と思います。

1本づつ完成させても良いのですが、繋いでいるうちに、

どこを作っているのか分からなくなりそう…。

 

そこで、8つのパーツに分け、カラー毎に繋いでから、

最終的な形にする、という方法を取りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー パールネックレス
  ルコリエのビーズアクセサリー パールネックレス

全てを仕上げて並べるのを楽しみにしていたのですが、

実際に並べてみると思っていたよりもインパクトがない…。

  ルコリエのビーズアクセサリー パールネックレス

そこで、候補にしていたけど、作らなかったプラチナカラーと

グレー系のパールと、他の気になるお色を加えて、

あと数色作ることにしました。

仕上がったら、改めて写真を撮りなおそうと考えています。

まだ手も付けていないのですが、今からワクワクしています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

アンティーク・ブレードという素材…

作品に取り掛かったものの、途中で放置することがたまにあります。

放置してしまう理由はそれぞれにあり、いつか仕上げよう、という

気持ちも勿論あるのですが、何年もそのまま…ということも

珍しくありません。

  ルコリエのビーズアクセサリー  アンティークブレード

この作品もそのひとつ。

同好の士でもある友人から分けて貰ったアンティーク・ブレードに、

淡水パールとヴィンテージ・シードでデコレーションをしています。

  ルコリエのビーズアクセサリー  アンティークブレード

何と言ってもブレードですから、端は糸が切りっ放しのように

なっています。

当然糸がほつれてきますので、始末が必要になる訳です。

その当時、気に入る始末の方法が見付からなかったので、

デコレーションの部分だけを完成させて、端を仮留めして

置いてしまいました。

 

今なら便利なレジンという素材もあり、端をレジンで固めて

金具を取り付けてもよし、グルーを使って、ラインストーンを

鏤めてもよし、色々な方法が思い浮かびます。

ただ、ベースがブレードということもあり、普通のネックレスに

するにはラインが綺麗に出ないので、ラリエットが最適かな、と

考えています。

 

何年か越しのこの作品、いよいよ完成の時が近いかもしれません。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

10色のネックレス

ちょっと必要に迫られて…ということもあって、ネックレスを

10本くらい作ろうと思っています。

  ルコリエのビーズアクセサリー パールネックレス

自分用に誂えて、愛用しているシンプルなネックレスの

お色違いにするつもり…。

留め具がなく、パッと被って着けられる上、どこが前になっても

大丈夫なので、便利なアクセサリーだと思います。

 

パールの大小だけではちょっとシンプル過ぎるかな…と

思うので、スワロフスキーのラインストーンが鏤められた

ボール(パヴェボールと言うそう)を2箇所に配置しています。

 

お色違いで10本が並んでいたら見応えがあって綺麗だろうなぁ…

と思って、パヴェボールに合うパールを10色選びました。

このネックレスを1本作るのに、77個のパールを使うので、とにかく

ピン曲げの地道な作業がメイン。

 

ひたすらピンを曲げ、パーツを作り続けるのは、単純作業故の

楽しさがあります。

それに、仕上がって行くパーツをトレイに敷き詰めて行くと、

数が増える程に美しさも増して行きます。

それを眺めるのは、作業に対するご褒美のように思えて、

もっと頑張ろう、って気持ちになります。

  ルコリエのビーズアクセサリー パールとパヴェボールネックレス

とりあえず、パーツを作るところまで出来たので、これから

つないでネックレスに仕上げて行きます。

全て仕上がったら、並べて写真を撮りたいなと思う反面、

このパーツ状態で敷き詰めている美しさをそのままにして

おきたい、という誘惑にも駆られます。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

広がって行くモチーフ Ⅱ

一度モチーフを考えたら、色々と発展させたくなるのですが、

方向としては、①アイテムを増やす(ブローチを作ったら

ネックレスに…等)、②モチーフの作り方は同じだけど、

パーツや色を変えてみる…、の2種類があります。

ちなみに、今回ご紹介したいネックレスは、②の方です。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス
  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

元のモチーフは、『広がって行くモチーフ…』で載せたもの。

お花(勿忘草や菫から薔薇へ)を変え、色を変え…。

仕上がってみると全く印象の違うネックレスになりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

このようなモチーフの付いたネックレスは、どんなお洋服に

合わせるの?と聞かれることがあります。

オーナー様の装いを拝見していると、シンプルなカットソーや

ジャケットの下に…等、気負うことなく着けて戴いています。

『気負うことなく』というのがポイントのようです。

 

何れにしても『装う』ことは生活から切り離せないこと。

アクセサリーから始めて、お洋服を選んでみるのも装いのひとつの

楽しみ方だと思います。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

大好きなサフィレット( Saphiret )

好きなものって、自然に集まって来ると思います。

このサフィレット様達もそう…。

お店をされている方から、同好の士から、お買い物をした時に

サービスで…、偶然見付けて…、等々。

どの子も私にとっては宝石と同じくらい貴重で大切な品です。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレット

初めて購入したサフィレットは、左のオーバル型。

まだ、サフィレットという言葉も知らない大昔、ヴィンテージビーズの

お店で偶然見付けました。

その希少価値も分からないまま、ただ美しい素材だと思って3個

購入しました。

ローズカットのオーバルストーンのように見えますが、内側は

くり抜かれており、フォイルが貼られています。

ホールが横にありますので、縫い留め用の素材だったのかも

しれません。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレット

これがサフィレットであることを知ったのは随分後になってのこと。

そして、3個のうちの1個は、遠方に住む同好の士である友人に

贈りました。

その友人からは、画像上のラウンド型でホールが開いている

縫い留め用のサフィレットを沢山プレゼントされました。

こちらも勿体なくてなかなか使えないまま残してあります。

 

右側のちょっと不思議な形状のものは、スフレ(吹きガラス)

タイプのサフィレット。

少し曇ったような質感で、柔らかな雰囲気を持っています。

使いたいと思う反面、スフレという繊細な素材故、割れて

しまったら…と思うと、こちらも使うことが出来ずにいます。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレット


話は変わりますが…。

画像下のハートのサフィレットにホワイトゴールドの台を付けて

ペンダントトップにしようと思ったことがあります。

そこで、ジュエリーリフォームのお店に持ち込んでみたのですが、

「ガラスは破損する可能性があるので…」と断られてしまいました。

その後、中央のサフィレット・ペンダントトップが我が家にやって

来たので、代わりに愛用しています。

(台はホワイトゴールドではありませんが…)

 

このようなヴィンテージの素材は、ご縁という糸で結ばれている

気がします。

そして、その時が来れば自然と集まってくる…。

そんなまだ見ぬご縁をこれからも楽しみに待ちたいと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

ブログがつなぐご縁

定期のレッスンを持っていた時から、ブログを書いています。

その為レッスン用の作品をブログに載せることもあり、

その作品をご覧になって、ご注文を戴くこともありました。

 

こちらもそんなお品です。

ブローチ、コーム、ピアス等、お好みのカラーで誂えました。

  ルコリエのビーズアクセサリー パリュール

ボリュームを出しつつ、動きが出るように、とレースのリボンを

モチーフに加えています。

お揃いの感じを出したくて、波打たせたレースとお花モチーフを

留め付けました。

 

元となったレッスン・サンプルはこんな感じです。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンブローチ

モチーフに使っているスワロフスキーの雫型のビーズは、

カットが細かくて、キラキラします。

贅沢なお花ですね♡

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

更に広がるモチーフのお話

前回の記事同様、広がって行くモチーフのお話を…。

 

こちらは2008年頃の作品。

  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフネックレス

シャワーの上にTピンで作ったビーズパーツを盛り付けて行く…。

フラワーアレンジメントと少し似た感覚かもしれません。

  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフネックレス
ベルフラワー、バロックパール、ギヴレ、コーン、etc. …。

多種類のビーズを使って、思うままにアレンジしてみました。

優しくミルクが混じり合うカフェオレのような色合い…。

少しだけキラリと輝くラインストーンはスパイスのように全体の

アクセントになっています。

 

こちらもひとつのモチーフをきっかけに、ブレスレットや

ピアス等に広がっています。

  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフブレスレット
  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフブレスレット
  (留め金にモチーフを配したブレスレット)

  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフピアス
  (モチーフが優しく耳に沿うピアス)

 

セット着けしても良し、ひとつのアイテムだけが際立つように

着けるのも素敵だと思います。

このアクセサリーのようなものほど、シンプルなお洋服に

合わせて普段使いして戴きたいと願ってしまいます。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

広がって行くモチーフ…

4年程前に作ったアクセサリーのセット。

初めにモチーフのネックレスがあり、そこから発展してブローチと

ブレスレット、更に発展してモチーフ少な目のネックレス、コーム等々。

  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフネックレス
  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフブローチ
  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフブレスレット
  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフネックレス
  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフコーム
  ルコリエのビーズアクセサリー モチーフコーム

ひとつモチーフが出来れば、アイテムがどんどん広がって行く…。

物を作っていて、ワクワクする楽しい時間がそこにあります。

いつも楽しい時間を下さる方に感謝してもし切れません。

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

vetro di Murano Ⅱ

昨日に続いて、ヴェネツィアンビーズの話題を…。

 

最近知ったのですが、『Venetian beads』は “ヴェネツィアン・ビーズ”

とは発音しないらしく、一種の和製外来だそうです。(ビックリ!)

英語読みなら、ヴィニーシャンビーズ(Venetian beads)が正解とか。

何だかピンときませんね…。

 

昨日、久しぶりにヴェネツィアンビーズ(と敢えて呼びます)を見て、

ふっと面白いビーズがあったな…と思い出しました。

一度だけですが、レッスンにも取り入れたことがある素材。

真ん中の段のリーフ型のものがそれです。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴェネツィアンビーズ

どう使うのだろうか?と画像だけでは悩まれるかも知れません。

答えはこちら。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴェネツィアンビーズ

横から見ると穴のような箇所があって、レザーコードやチェーンを

通すことが出来ます。

レッスンでは、シードビーズ何本も束ねたネック部分を作り、

ペンダントにしました。

ひとつで十分の存在感、余計な飾りは必要ないように思います。

ちなみに、上の細長いビーズは『マカロニ』と名前が…。

見たままでちょっと笑みを誘います。

 

ヴェネツィアン・ビーズと言っても、形は様々…。

ピンが付いた物は別として、個性も個体差もあるこの素材は、

シンプルにつないだネックレスにするのが一番素敵に感じます。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴェネツィアンビーズネックレス


最後に、この子達の生まれ故郷のムラーノ島。

ガラス工房や店舗が軒を連ねる島。

観光客で賑わっていると思いきや、意外と静かな島でした。

  ルコリエのビーズアクセサリー ムラーノ島

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

vetro di Murano

ちょっと気取って、タイトルをイタリア語表記してみました。

vetro di Murano ムラーノ島のガラス=ヴェネツィアングラス。

イタリア北東部ヴェネト州の州都であるヴェネツィアの

ムラーノ島で作られたガラス工芸品の総称です。

 

実は、前世はヴェネツィア人だったのならいいな、と思うくらい

ヴェネツィアの地と歴史に強く惹かれます。

今まで2度訪れていますが、彼の地に降り立つ度に

懐かしさのような感覚にとらわれます。

そして、不思議と目的地に着くのに迷わない。

2度目に訪れた時、何年も前に1度訪れたきりの小さなお店に

地図も見ず、迷うことなく辿り着いたりして、我ながら驚きました。

 

手持ちのヴェネツィアンビーズの殆どは、現地の小さな

アンティーク・ビーズショップで探し出したもの。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴェネツィアンビーズ
 

流石にレッスンに使える程、数が揃っていない為、

コレクションとして残しています。

モチーフを作る時は、ヴェネツィアン・ビーズのように個体差が

あるものよりも、Swarovski社のビーズのように正確なカットが

施されたものの方が使いやすい。

勿論、個体差を活かしたデザインもあるので、一概には

言い切れませんが…。

 

2013年秋のレッスン作品。

丁度この頃にまとまってヴェネツィアンビーズが手に入った

こともあって、レッスンに取り入れました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴェネツィアンビーズ
  Beads765
 

ネックレス・ペンダント・ブレスレットの3種類をセットにした作品で

ネックレスとブレスレットをつなぐことにより、長さを変えて

重ね着けすることが出来ます。

  ルコリエのビーズアクセサリー ヴェネツィアンビーズ
使用したヴェネツィアンビーズは3種類。

Luna(月)・Stella(星)・cuore(ハート)…。

それぞれのアイテムの中にちりばめています。

 

最後に、ヴェネツィアを発つ早朝に見たアドリア海。

人生で一番美しい朝でした。

  ヴェネツィアの朝

        

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

極上の素材…サフィレット ( Saphiret )

ヴィンテージの素材というと、有名な物は数々あります。

ヴィンテージ・スワロフスキー、ギヴレ、アイリスグラス、ドラゴンブレス、

ロスレー社のティージュやビーズ、ミリアムハスケルのパーツ、etc.…。

やはり、その中でもトップクラスの稀少さは、『サフィレット』様。

もう今更説明が要らない程有名になった素材です。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレットブローチ
手持ちのサフィレットの中で、最も深い色合いのティアドロップ型を2つ

贅沢に使ったブローチです。

2.5×4cmと小振りの作品ながらもサフィレット様が放つオーラの

お蔭で存在感は十分です。

 

もうひとつ、中央にサフィレット様が鎮座なさったブローチ。

こちらはもう少し淡い色合いですが、青いフラッシュがよく見えます。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレットブローチ

稀少な存在と思うと、作品に仕上げるのは勇気が要りますが、

少しづつ手持ちのサフィレット様も、世の中に出してあげようとも

思います。

 (その他のサフィレット関連の記事… saphiret 、saphiretⅡ 、saphiretⅢ 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

変わりゆく素材達

定期のレッスンを始めたのは2003年秋。

生徒さんは基本的に固定でしたので、少し手のこんだもの、

少し難しいものへと移行し始めたのが2005年終わり頃でした。

 

今見てもちょっと工程が多くて大変だっただろうな…、と思ってしまう

2006年春に行ったレッスン用のサンプル。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンブローチ
 

Swarovski社の現行品で、一般に日本で販売されている商品が

まだまだ今ほど豊富ではなかった頃…。

3カ所に使っている、バロック(6090番)のペンダント・パーツは、

凝ったカットの中の一つだったと思います。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンブローチ

現在も発売されていますが、少し色展開が変わってしまいました。

 

変わってしまったというと、この時に使用してたシャワー(ビーズを

留め付けている土台となっているもの)の形状も変更されています。

昔は、シャワーのひとつひとつのホールが小さく、数も91ホールから

61ホールへと減少しています。

  ルコリエのビーズアクセサリー シャワーブローチ

もう、手元にも旧仕様のシャワーは殆どなく、新仕様のものばかりに

なってしまいました。(左が旧仕様、右が新仕様です)

 

生徒さん達から見ると、ホールが少ない方が留め位置を見極め易い

思いますが、より繊細に留められるのはホールが多い方なので、

どちらが良いかは迷うところです。(迷っても旧仕様品は手に入りませんが…)

 

今回ご紹介するに当たって、レッスン・テキストを探しました。

図を使ったテキストが主だったので、珍しく写真を使ったテキストを見て

少し懐かしい気持ちになりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンテキスト

    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

ご自身の手で誂える楽しみ

懐かしい作品のご紹介が続いていますが…。

 

こちらは2007年秋頃のレッスン・サンプル。

  ルコリエのビーズアクセサリー 実のようなブローチ


秋だったこともあって、『実』をイメージしたブローチです。

ガラスパール、シュガーパール、バロックパール、ツイストビーズ

そして、ちらっと見えることを意識して添えたSwarovski社の

スクエア・ストーン。

 

作り方は意外と簡単。

トーンと葉のメタルパーツをシャワーに留め付けたあと、

Tピンに通して先を丸めたビーズ達をシャワーに留めて行くだけ。

作品によって、少しづつ仕上がりが変わりますが、それがまた

自分の作品である感が高まって良いと思います。

 

ちなみに、このブローチとセットで使える、お揃いパーツを使った

ネックレスもあります。

折角レッスンを受けて貰っているので、お揃いで使える作品を

度々ご提案していました。

残りのパーツでイヤリングを作られる方もいらっしゃいましたので

ご自身の手で身に着けるものを誂える醍醐味を味わって戴けて

いたのではないかと思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

ソフトフラワーという素材…

今はあまり使うことはありませんが、一時ソフトフラワーという素材が

気に入っていた時期がありました。

 

元の素材は粘土のようなものだと思うのですが、薔薇に形作られた

可愛らしいパーツに、心惹かれました。

お色も様々で、優しいお色から鮮やかなお色まで種類が多かった

ことも惹かれた理由のひとつかもしれません。

 

薔薇以外の花もありますので、フラワーアレンジメントの感覚で

バランスを見ながらシャワーに留めて行けば、簡単に華やかな

作品を仕上げることが出来ます。

 

こちらは、作るのを楽しむ為に作った作品。

  Beads755

何れもブローチになります。

 

そして、こちらは、レッスン・サンプル。

  Beads754

ソフトフラワーだけでなく、Swarovski社のパールやストーンを

揺らせて艶や煌めきを補っています。

 

ソフトフラワーは、劣化を心配していたのですが、意外に持ちが

良いようです。

久しぶりに手に取ってみて、また、使ってみようかな…という

気分になりました。

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »