« ソフトフラワーという素材… | トップページ | 変わりゆく素材達 »

ご自身の手で誂える楽しみ

懐かしい作品のご紹介が続いていますが…。

 

こちらは2007年秋頃のレッスン・サンプル。

  ルコリエのビーズアクセサリー 実のようなブローチ


秋だったこともあって、『実』をイメージしたブローチです。

ガラスパール、シュガーパール、バロックパール、ツイストビーズ

そして、ちらっと見えることを意識して添えたSwarovski社の

スクエア・ストーン。

 

作り方は意外と簡単。

トーンと葉のメタルパーツをシャワーに留め付けたあと、

Tピンに通して先を丸めたビーズ達をシャワーに留めて行くだけ。

作品によって、少しづつ仕上がりが変わりますが、それがまた

自分の作品である感が高まって良いと思います。

 

ちなみに、このブローチとセットで使える、お揃いパーツを使った

ネックレスもあります。

折角レッスンを受けて貰っているので、お揃いで使える作品を

度々ご提案していました。

残りのパーツでイヤリングを作られる方もいらっしゃいましたので

ご自身の手で身に着けるものを誂える醍醐味を味わって戴けて

いたのではないかと思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

|

« ソフトフラワーという素材… | トップページ | 変わりゆく素材達 »

brooches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソフトフラワーという素材… | トップページ | 変わりゆく素材達 »