necklaces

小花のアクセサリー

小花モチーフは、私の作品にしばしば登場するモチーフ。

マーキス・ストーンとオーバル・ストーンの2タイプが

使いやすいと思っています。

今回、初めて6×3mmの小さなマーキスストーンの

お花(6枚花弁)を作りました。

それは、少し前に買ってそのままになっていた小枝の

リーフパーツの為。

  

ブローチのつもりで考え始めたのですが、組み立てて

いくうちに、ネックレスにしたくなりました。

小さなお花と、更に小さなお花。

そして、比較的最近発売されたストーンである

ミスティック・スクエアを一粒添えました。

最初はお下がりを一つだけ、のつもりだったのですが、

悩んだ末に小さ目のペアシェイプを二箇所に…。

ネック部分は小さな2サイズのパールを連ね、間には

小枝のリーフパーツを入れて、パールを揺らしました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

トルソーに掛けて眺めていると、やっぱり同じパターンで

ブローチも作りたくなってしまいますね。

  

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス ブローチ

ネックレスも勿論気に入ったのですが、ブローチは

更に気に入ってしまいました♡

気に入るとついついお洋服と合わせて記念撮影を

したくなってしまいますね。

なので、もう少しお付き合いを…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

  

ルコリエのショップページはこちらから

iichiのトップページはこちらから

トップページから『ルコリエ』で検索して戴いてもご覧戴けます。

    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

| | コメント (0)

特別な日のドレスから日常のニットまで…

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

先日の稚拙な設計メモ、一緒にチラリと写っている

作りかけのパーツがネックレスになりました。

  

このようなデザインのネックレスは、テグスや糸で

編むように作るのが一般的ではないかと思います。

ですが、ふとピンつなぎで作ってみたらどうだろう?

という考えが頭を過ぎってしまいました。

一度考えてしまうと実行せずにはいられない性分なので

早速チャレンジ。

  

ピンつなぎにしたのはもう一つ理由があります。

使用しているパールはスワロフスキーなので、

プラスティックパールよりも断然重い。

テグスや糸で作ると柔らかくしなやかな

仕上がりになる分、着けた時に重みで流れてしまい

落ち着かないのではないかと思います。

ピンならば、余程無理な力を加えない限りは

形が崩れることがない筈です。

  

テグスや糸を使うならば、所謂レース編みのように

内側から外に向かって広げるように作りますが、

ピンつなぎの場合は逆で、外側から作ります。

その為、ピンの長さがある程度分からないと

綺麗に広がりませんし、カッチリと形が決まって

しまうので、適当に作っていると波打ったように

なってしまいます。

そこで、あの稚拙な設計メモの出番となった訳です。

 

カッチリと形が決まるということは、立体的にも

出来るということ。

そこで、襟元に向かって少し立ち上がるような

デザインにしています。

  

トルソーを使ってコーディネイトパターンを

考えてみました。

先ずは、やはりドレスに合わせたい。  

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

ストラップレスドレスは、首元から肩・腕まで

全て見えてしまう。

このタイプのドレスにこそ、ネックレスで

肌の見え方を調整するのをお勧したいと思います。

  

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

オフショルダー気味のドレスには、そのまま

ドレスのデザインの一部のように…

  

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

襟元が詰まったニットやカットソーになら

ちょっと豪華なパールの付け襟のイメージで

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

パーティからちょっと華やかに装うディナーまで、

意外に汎用性があるのでは…なんて。

   

少し手の込んだネックレスが2点続きましたので、

次はもう少し気楽なものを作ろうと思っています。

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (2)

Majestic blue

Majestic blue(マジェスティックブルー)は、

2018年にSwarovski社の新色春夏カラーとして

発売されました。

『Majestic』は厳かな、堂々とした、威厳のある

等の意味を持っています。

光の加減で深みを増す様はまさに『威厳のある』

という言葉がしっくりきますし、陽光の元

明るく輝く時は聖母マリアのローブを連想させる

厳かさを感じさせます。

 

鮮やかで美しいお色だけに、心惹かれつつも

なかなか手に取ることが出来ず、今までイヤリングと

ピアスに2回使ったきりでした…。

  

昨年作った『ハチドリネックレス』のモチーフ。

もう少し違った形で使いたいと思っていたのですが、

そのイメージにこのMajestic blueが合うふいに

思い立ちました。

思い立ってからネックレスの形になるまでは

あっという間。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス マジェスティックブルー

楽しくて時間も忘れて手もドンドン進みます。

そして待っているのが裏の始末。

その手間と時間は表側を作る3倍と言っても

過言ではないでしょう。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

(作りかけのテグスが一杯出ている状態ですが公開)

時間が掛かるのは、気持ちが乗り難いから…。

ひとつ作っては休憩、の繰り返しになって

しまうのです。

 

少し大きなものを作ろうと決めると次にすることは

どれくらいの材料が必要かざっと見積もること。

特にメインのストーンは個装で調達するか、

グロスパックと言うSwarovski社が出荷している

ままの大口の状態で購入するか毎回悩みます。

今回は、思い切ってグロスパックで購入しました。

『購入しました』などと簡単に書いていますが、

やはり買う時はドキドキです。

そして、届いた包みを開ける時のワクワク感は

他のどんなお買い物にも負けない高揚感があります。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス マジェスティックブルー

今回メインに据えたこのストーンは、昨年発売された

新しいシェイプの『カレイドスコープ・スクエア』。

名前の通り、覗き込むと万華鏡のように光の欠片が

散りばめられて見えます。

  

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス マジェスティックブルー

今回仕上げたネックレスは今はまだ、トルソーに

掛けてあるだけですが、何れは美しいドレス(額)を

誂えて、飾っても楽しめる作品にしたいと思っています。

     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

『お気に入りのネックレス』が出来るまで…。

前々回の記事でネックレスを載せました。

このネックレス、以前に「どうやって作ってるの?」と

質問されたことがありました。

細かく説明したところでご理解戴ける筈もなく…。

そう言えば、作る過程で時折写真を撮っていたことを

思い出しましたので、順に載せたいと思います。

  

最初は当然ながら小さなストーンを台座にセット

するところから始まります。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

  

そして、ストーンやビーズを使ってシャワーと言う

金属の穴開きのプレートにテグスで刺繍するように

留めてモチーフを作ります。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

  

更にこのモチーフ達をストーンやメタルパーツ、

ビーズを使って繋げて行くのです。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

  

繋げただけでは、モチーフがクルクル回転したりして

落ち着きません。

モチーフが動かないようにする為にも周囲を更に

デコレーションして行きます。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

最後にメタルパーツのホールにパールのお下がりを付け

専用に作った留め具をセットして完成です。

  

身に着ける機会が難しいネックレスも、額に入れると

いつも眺めていられます。

背景をブラックにすると輝きも一層引き立つのですが

写真で再現するのは難しいですね。

ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

お気に入りのネックレス

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

去年の作品の中で最も手の掛かったものの一つ。

こちらも小さなモチーフを思い付いたことがスタートで、

何度も材料を切らしながら時間を掛けて作りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス   

『スフィンクスアイ』という名前のマーキスに似た

細長いSwarovski社のストーンのカラーは、ライトアメシスト

なのですが、こちらはもう廃番になっています。

それももう、何年も前のことです。

もう手に入らないかもしれないと思うと、なかなか使うことが

出来なかったのですが、ようやく形になりました。

時間が掛かった作品なので、こちらも額に入れました。

時折眺めるのも楽しいひと時です。

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

ブラックパールのネックレス

先の記事に書いていたブラックパールのネックレスが

仕上がりました。

3連で1本だけ少し長くしています。

  Beads1079

  Beads1080

後ろの留め具も勿論以前の記事で載せたものを

使用しています。

 

そのままだと極々シンプルな、でも後ろ姿が

ちょっと目を惹くネックレスですが…

飾りショートナーを付けると一気にドレスアップ気分が

高まります。

  Beads1081

この飾りショートナーは合わせるパールのカラーで

雰囲気が変わります。

ブロンズならクラシックに、ブラックならクールに…。

何れにしてもお手軽に華やかさをUP出来る

飾りショートナーはお勧めです。

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

飾りショートナー 続き…

『ショートナー』というアイテムについては、

先の記事で説明をしましたのでここでは省略しますね。

 

2つ目の飾りショートナーは、クリスタルの輝き。

色を統一した分、モチーフを増やして華やかな

仕上がりにしました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス 飾りショートナー

この飾りショートナーはラインストーンの付いた

ウエーブパーツでモチーフをひとつ繋いでいます。

アレンジを楽しんで戴ける為の一工夫です。

 

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス 飾りショートナー

こちらは基本のセットの仕方。

でも…  

ネックレス本体を短くし、重ねるようにセットすると

リボンを結んだようになります。

ギュっと凝縮された分、華やかさも増すように

思うのですが…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス 飾りショートナー

  

本来はバランスを取る為に左右で1セットですが、

大振りな方を中心にひとつ付けても十分華やかに

変身出来ると思います。

付けるネックレスの長さやセットの位置で色々

楽しめそうですね。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス 飾りショートナー

  

次の飾りショートナーを作る予定はまだないのですが、

また作るならばもう少しシンプルに、もっと日常使い

出来るものを、考えています。

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

飾りショートナー

『ショートナー』というアイテムをご存知の方が

どれくらいいるのでしょうか。

そもそも『ショートナー』というのが正式名称なのか

不明ではあるのですが…。

  

パールや石が連なったロングネックレスを二重に巻いて

着けた時、動いているうちに片方は長く、

それにつられてもう片方は短くなってしまう…。

そんなことにならないように、固定する為のアイテムを

『ショートナー』と言うそうです。

一見するとネクタイピンの様な、シンプルなバー状の

ものが殆どのようなのですが…。

  

このショートナーの機能を利用して、シンプルな

ネックレスに飾りを付けることを思い付きました。

パーティなんて日常的にある訳ではありませんので、

専用のネックレスを準備しておかなくても、

いつものパールネックレスにセットするだけで

パーティ用に早変わり。

上半身を華麗に装いたいレストランでのお食事にも

お勧めです。  

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス ショートナー

先ずは2パターンの飾りショートナーを作りました。

ひとつはカラフルなお花を散りばめた可愛いタイプ。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス ショートナー

もうひとつはクリスタルの輝きで統一したシックなもの

クリスタルのタイプは、また次の記事で…。

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

留め具に拘る

日常用のネックレスの留め具には、特別な指定が

ない限り『ニューホック』というものを

使っています。

スナップのようにパチンと押し込めば良いので、

カニカンや引き輪のように爪を使う必要がありません。

爪が短い人や手元に自信がない人でも容易に

脱着出来ます。

  

シンプルな金具なので、ネックレスとブレスレットを

繋げてロングネックレスするにもとても便利な反面

少々味気ないような…。

パーティででも着けようかと思うようなネックレスの

場合は特にそうです。

 

凝ったネックレスには留め具も拘りたいもの。

ビジュウの付いたクラスプ、シャワーモチーフを

セット出来るクラスプ等々あれど、しっくりくるものは

なかなか見付からない…。

色々試した結果、行き着いたのが『スライドバー』

というシンプルな金具でした。

 

スライドバーの両側にモチーフを付けることで、

全体のデザインを損なうことなく仕上げられます。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

  

例えばこちらのパールネックレス。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

前からの見た目はごくごくシンプルな2連ネックレス

なのですが、バックスタイルはキラキラと輝き、

目を惹くこと間違いなしです。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

 

次も後ろ姿に拘ったパールのネックレスを作る予定を

しています。

その為の留め具はこちら…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ネックレス

自分でも仕上がりが楽しみです♪

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

『ソートワール』という装身具

アクセサリーを長らく作っているのに、

『ソートワール』という言葉を知ったのは、

恥ずかしながらも一昨年前のこと。

アンティークジュエリーの本を読んでいた際に

行き当りました。

  

曰く…。

 『先端はウエストラインに達するほど長く

  ネックレスの先端にはタッセルが揺れている』

  

そう言えば、古い写真や絵でしばしば目にして

きたような…。

改めてネットで調べてみると、色んな解釈がされている

ようで、到底上記に当てはまらないものまで

『ソートワール』として扱われているようでした。

 

このアイテムを知って以来、その言葉の響きと

エレガントな佇まいに惹かれ、憧れを抱いていました。

そして、時間が少し掛かってしまいましたが、昨年の夏、

ようやく自分のイメージに合うものを作りました

  ルコリエのビーズアクセサリー ソートワール ネックレス

  

本の解説によると、ネックレス本体は真珠を、

タッセルには色石に穴を開けて連にしたものや

小粒の真珠を束にしたもの多かったようです。

そこで、Swarovski社のパールを使用して、

重みのある贅沢なソートワールにしてみました。

タッセルの先端にはパールに混ぜてジルコニアで

輝きを添えています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ソートワール ネックレス

タッセルも重みがあるので、着ける人の動きに合わせて

しなやかに揺れる筈。

  ルコリエのビーズアクセサリー ソートワール ネックレス   

女性を更に魅力的に見せるこの『ソートワール』、

もっともっと一般的になればいいなと思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧