brooches

色を失う季節のブローチ…

展示会が終わって、後片付けや雑事に追われていましたが、

ようやく落ち着いて来ました。

落ち着いてくると、自然とビーズに手が伸び、頭の中も新しい

アイデアが浮かんでは消え、消えては浮かんで…となっています。

 

  Beads822

以前作った作品を色違いで作りたいと、展示会中から温めていた

作品をようやく仕上げることが出来ました。

とは言え、全く同じではないところが作り手のこだわり。

広げた羽のようなホワイトのパーツはより大きく広がり、上にちょこんと

乗っかっているティアドロップは上下が逆、上のジルコニアの向きも

変わっています。

 

Swarovski社の8115番の新色、アークティックホワイト、こちらも

新色のクリスタルミントグリーンを中央に、イエローオパール、

もうヴィンテージ素材となってしまったローズアラバスタのナベット

(懐かしのゴールドフォイル)を使って、少しカラフルな仕上がりに…。

 

どちらかというと、色味の少ない物を作るのが好きなのですが、

梅雨時の色を失う季節だからか、今は色を使ったものに心惹かれます。

(と言ってもまだ、梅雨らしいお天気の日は少ないですね)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

アクシデントか必然か…

最近発売になったSwarovski社のビーズ。

春夏ということで、爽やかなカラーが多く見られます。

ピアスにしたいな、と連れて帰ってきた3種類のパーツ。

クリスタルサマーブルーのオーバルストーン、イラデサント

ライトブルーのパール、アークティックホワイトのオクタゴン…。

単品で見ていても夏を連想させるカラー達です。

しかし、実際に取り掛かってみると、何故かブローチに

仕上がっていました(笑)。

 

あとはブローチピン付きのカバーを付けて完成、まで作ったの

ですが、ちょっとした不注意でテグスが切れてしまいました。

  Beads814

ショックだったのですが、どなたかのお手元に届いてから

テグスが切れるという事故が起こらなくて、良かったかも…とも。

気を取り直して再び作り始めたのですが、最終的に元の作品と

全く違う形に仕上がっていました。

  Beads815

きっと、前のデザインは、何か気に入らなかったのでしょう。

それがテグスが切れるというアクシデントで顕在化したのでは

ないかと思います。

テグスが切れたのは、必然であったのだろう、と。

 

実は、今回の画像からカメラを換えました。

まだ慣れないこともあって、思うように写真が撮れないでいます。

ーズの世界も日常も、新しい挑戦の連続です。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

気持ちの向くままに…

デザインを考える時…。

(なんて大上段に構えて言うつもりはないのですが)

大まかな色合いと使いたい素材をざっくりと選んでから、

気持ちの向くままに自由に仕上げて行きます。

デザイン画のようなものはありません。

最終的に仕上がるまでは、どんな作品になるのか見当が

つかない…。

それがいつもの作り方です。

  ルコリエのビーズアクセサリー Atelier Munsteinerブローチ

こちらも、そんな気の向くままに仕上げたブローチ…。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

昔のモチーフを使って…

昔に作ったモチーフを見て、「これ、違う色で作ろうかな」、

「違うアクセサリーにしてみたいな」と思う時があります。

作った時は、「仕上がった」程度の感想なのに、今になって

強く心惹かれるのは何故?と不思議になります。

 

今回も、少し前にブログで取り上げたことをきっかけに、

サフィレットブローチを違うパターンで作りたくなりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレットブローチ

シクラメンオパールのストーンを使って、元のモチーフ(左上)と

ほぼ同様に作ったのが右のもの。

まだ裏側の処理はしていなくて、ピアスにしようか、それとも

お下がりを大き目のストーンに交換して、ペンダントトップに

しようか思案しています。

 

同様にファーングリーン・カラーのストーンで作ったもの(下)も

どんなアクセサリーに仕上げようか迷っています。

あまり単独で作ることがないので、ピアスにするのが

珍しくていいかな、とかなり心が揺れています。

 

さて、どんな作品に仕上がるのか…。

自分でも楽しみです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

新しいお客様

新しいお客様との出会いはいつもとても楽しい♡

楽しくて、ついつい饒舌になってしまうことがあります。

それは、多分、色々なビーズの世界を知って欲しいから…。

稀少なビーズ、Swarovski社のお話やデザイナーのこと、etc. …。

呆れられているかもしれませんね。

 

さて、オーダーについては大きく2つに分かれます。

予算とお好みの色や用途をお伺いして、デザインを一から考えて

お作りするフルオーダーのパターン。

既に作っている作品をご覧戴いて、その中からベースのデザインを

選んで戴いて、色や細かなパーツを調整して行くセミオーダーの

パターン。

今回オーダーを戴いたのはセミオーダーのパターンです。

  ルコリエのビーズアクセサリー セリーヌクストー

この2点の作品が元となります。

 

左はペンダントなのですが、トップ部分のデザインを使って

ブローチに仕上げて行きます。

ベースの透かしプレートは、最近見かけなくなりましたので、

この作品が最後の使用になりそうです。

 

右のブローチは、デザインそのままで、お色を変えます。

使っているSwarovski社の雫型ペンダントパーツは、

ブログでも何度か取り上げているセリーヌ・クストーデザインの

ラジオラリア(プランクトン)。

留める目的以外、デザインとしてのホールがあるものは珍しい

ので、とても気になる素材です。

 ルコリエのビーズアクセサリー セリーヌクストー

これからワクワクしながら取り掛かります。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

指先にモノクロームの世界を…

前回の記事の続き、なのですが…。

グレーのネックレスのお揃いのアイテムとして、ブローチや

リング、ヘアアクセサリーも作っています。

ここでは、リングとブローチをご紹介しようと思います。

  ルコリエのビーズアクセサリー モノクロームのアクセサリー

ブローチとリングは似た雰囲気にしたかったので、先にリングを

考えて、それに合わせたブローチをデザインしました

ちょっとブローチが小振りになってしまいましたが、お洋服の

生地が薄くなるこれからには、丁度良いのかな、と思います。

 

逆に、リングはやや大振り…。

確実に指からはみ出すサイズで、ひとつで十分なボリューム

お色はシックですが、手が一気に華やかになります。

 

週末にお渡しする予定ですが、きっと、素敵に着けこなして

戴けるのだろうなぁと楽しい想像に心を躍らせています

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

ブログがつなぐご縁

定期のレッスンを持っていた時から、ブログを書いています。

その為レッスン用の作品をブログに載せることもあり、

その作品をご覧になって、ご注文を戴くこともありました。

 

こちらもそんなお品です。

ブローチ、コーム、ピアス等、お好みのカラーで誂えました。

  ルコリエのビーズアクセサリー パリュール

ボリュームを出しつつ、動きが出るように、とレースのリボンを

モチーフに加えています。

お揃いの感じを出したくて、波打たせたレースとお花モチーフを

留め付けました。

 

元となったレッスン・サンプルはこんな感じです。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンブローチ

モチーフに使っているスワロフスキーの雫型のビーズは、

カットが細かくて、キラキラします。

贅沢なお花ですね♡

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

極上の素材…サフィレット ( Saphiret )

ヴィンテージの素材というと、有名な物は数々あります。

ヴィンテージ・スワロフスキー、ギヴレ、アイリスグラス、ドラゴンブレス、

ロスレー社のティージュやビーズ、ミリアムハスケルのパーツ、etc.…。

やはり、その中でもトップクラスの稀少さは、『サフィレット』様。

もう今更説明が要らない程有名になった素材です。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレットブローチ
手持ちのサフィレットの中で、最も深い色合いのティアドロップ型を2つ

贅沢に使ったブローチです。

2.5×4cmと小振りの作品ながらもサフィレット様が放つオーラの

お蔭で存在感は十分です。

 

もうひとつ、中央にサフィレット様が鎮座なさったブローチ。

こちらはもう少し淡い色合いですが、青いフラッシュがよく見えます。

  ルコリエのビーズアクセサリー サフィレットブローチ

稀少な存在と思うと、作品に仕上げるのは勇気が要りますが、

少しづつ手持ちのサフィレット様も、世の中に出してあげようとも

思います。

 (その他のサフィレット関連の記事… saphiret 、saphiretⅡ 、saphiretⅢ 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

変わりゆく素材達

定期のレッスンを始めたのは2003年秋。

生徒さんは基本的に固定でしたので、少し手のこんだもの、

少し難しいものへと移行し始めたのが2005年終わり頃でした。

 

今見てもちょっと工程が多くて大変だっただろうな…、と思ってしまう

2006年春に行ったレッスン用のサンプル。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンブローチ
 

Swarovski社の現行品で、一般に日本で販売されている商品が

まだまだ今ほど豊富ではなかった頃…。

3カ所に使っている、バロック(6090番)のペンダント・パーツは、

凝ったカットの中の一つだったと思います。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンブローチ

現在も発売されていますが、少し色展開が変わってしまいました。

 

変わってしまったというと、この時に使用してたシャワー(ビーズを

留め付けている土台となっているもの)の形状も変更されています。

昔は、シャワーのひとつひとつのホールが小さく、数も91ホールから

61ホールへと減少しています。

  ルコリエのビーズアクセサリー シャワーブローチ

もう、手元にも旧仕様のシャワーは殆どなく、新仕様のものばかりに

なってしまいました。(左が旧仕様、右が新仕様です)

 

生徒さん達から見ると、ホールが少ない方が留め位置を見極め易い

思いますが、より繊細に留められるのはホールが多い方なので、

どちらが良いかは迷うところです。(迷っても旧仕様品は手に入りませんが…)

 

今回ご紹介するに当たって、レッスン・テキストを探しました。

図を使ったテキストが主だったので、珍しく写真を使ったテキストを見て

少し懐かしい気持ちになりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー レッスンテキスト

    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

ご自身の手で誂える楽しみ

懐かしい作品のご紹介が続いていますが…。

 

こちらは2007年秋頃のレッスン・サンプル。

  ルコリエのビーズアクセサリー 実のようなブローチ


秋だったこともあって、『実』をイメージしたブローチです。

ガラスパール、シュガーパール、バロックパール、ツイストビーズ

そして、ちらっと見えることを意識して添えたSwarovski社の

スクエア・ストーン。

 

作り方は意外と簡単。

トーンと葉のメタルパーツをシャワーに留め付けたあと、

Tピンに通して先を丸めたビーズ達をシャワーに留めて行くだけ。

作品によって、少しづつ仕上がりが変わりますが、それがまた

自分の作品である感が高まって良いと思います。

 

ちなみに、このブローチとセットで使える、お揃いパーツを使った

ネックレスもあります。

折角レッスンを受けて貰っているので、お揃いで使える作品を

度々ご提案していました。

残りのパーツでイヤリングを作られる方もいらっしゃいましたので

ご自身の手で身に着けるものを誂える醍醐味を味わって戴けて

いたのではないかと思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧