brooches

冷めることなく…

まだまだ冷めないハットピン熱。

お出掛けの度に愛用しています。

 

色んな所で連呼していたせいか、ついにご依頼がありました。

Swarovski社のビーズを活かしたシンプルな物、数点から選んで

戴く予定です。

シンプル故に、カジュアルからジャケットスタイルまで、幅広く

お使い戴けると思いますが、やはりSwarovski社のクリスタル、

大人が着けるに相応しい上品さが漂っています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピン ブローチ

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピン ブローチ

シンプルなデザインなので、既製のピンキャッチのまま

着けてもそれはそれで良いと思いますが、飾りの付いた

キャッチだと小さなブローチを重ねているように見えます。

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピン ブローチ

ピンを襟の表に出ないように生地をすくって、裏側でキャッチを

留めると、下から飾りキャッチがチラリと見えます。

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピン ブローチ

こんな着け方が出来るのも飾りキャッチだからこそ。

飾りキャッチ、本当にお勧めです♡

次は、キャッチにフリンジを付けて揺らしてみようかな…。

やはり、ハットピン熱は当分冷めそうにありません。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

hatpin Ⅱ

前回の記事、『 hatpinでご紹介したハットピン。

ブローチ代わりに活躍しています。

 

寒さが日増しに募って来るこの頃でも、日中は軽い恰好に

ストールをふわりと纏えば、お買い物程度はしのげます。

ストールにサッとピンを挿して留めれば、装いのポイントにも

なりつつ、ストールがずり落ちる心配がありません。  

しかも、ブローチは鏡と睨めっこしながら位置を整えますが、

ハットピンだと余程の場所に留めない限り、それなりに

仕上がってくれるのが嬉しい♪

 

使い出してみて、改めてその便利さに、すっかり夢中に

なってしまいました。

「これいい!」と思うと、次々に作りたくなる性分の私…。

早速第2作目を完成させました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピンブローチ

どんなお色のお洋服にも合わせやすい、クリスタルと

アンティークゴールドで統一して色味はシンプルに。

ピンは先に作ったものよりも少し太くて長い物を

使用しました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピンブローチ
  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピンブローチ

これから更に厚みを増す冬のお洋服専用です。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

hatpin

大人になって、帽子を被る事が本当に少なくなりました。

被ったとしても、完全に実用重視。

日光を遮るためのものでしかありません。

 

子供の頃は、お洒落のアイテムとして憧れを持っていた帽子。

昔の女優さんの様に、ハットピンを挿した帽子、手にはグローブと

ハンドバッグでエレガントに装うのが大人のお洒落と思っていました。

残念ながら、実際にそんな優雅な装いをすることはほぼありません。

 

それでも、帽子には挿さなくても、襟元やストールを留める為に

ハットピンを挿すのはいいな、と思っていました。 

ただ、味気ない金属部分のキャッチがどうも気に入らない…。

キャッチの部分にも装飾を付ければもっとお洒落なのに…。

 

そんな想いが今回の作品へとつながりました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ハットピン

ジャケットの上からふわりと掛けたストール。

襟元とストールをハットピン(この場合はラペルピンと言うのが

正しいのでしょうか…?)で留めると、風にあおられても

ストールが舞い上がってどこかへ行ってしまう心配がありません。

 

キャッチの部分にも飾りがあるので、小さなブローチが2つ

付いているように見えます。

これも美しい実用品のひとつに数えて良いのではないかと

思います。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Christmas card

前回の記事に載せたブローチ…。

家族から『何だかクリスマスツリーみたいな形だね』と

そんな風に言われると、クリスマスを連想するカラーでも

作りたくなってしまいました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

先頃発売されたばかりの美しいスカーレット(レッド)と

エメラルドカラーでクリスマスの雰囲気を。

そして夜空を思わせるダークインディゴと輝く星のストーン…。

星のストーンが入ると、更にクリスマス感が増す気がします。

 

昔々、子供の頃…。

クリスマスの朝、目覚めると枕元に美しいクリスマス・カードと

プレゼントが置かれていました。

その時贈られた、お人形さんと手袋は、いつしか手元から離れて

行きましたが、カードはずっと大切に残していました。

 

残念なことに、引っ越しの際に失くしてしまいましたが、

今でもはっきりと思い出せるカードの表紙とメッセージ…。

そんなクリスマス・カードをイメージして写真を撮りました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ


母の字で書かれたサンタクロースからのメッセージは、

今思い出しても心が温まります。

  
  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

birthday present

友人間でお誕生日プレゼントの交換をしなくなって、

どれくらい経つでしょう…。

子供の頃は当然のようにあったこのイベントも、年齢を重ねるに

つれ減って行き、今は家族とごく僅かな友人間のみとなって

しまいました。

そんな折、友人の誕生日に贈りたいから…とブローチのご依頼を

頂戴しました。

   ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

以前にも載せたことがあるブローチクリストファー・バングル氏

デザインの、Swarovski社のデザイナーズ・エディション。

三次元空間を歪めた幾何学的クリスタル、Illusions シリーズの

ダイヤモンドをモチーフとしたもの(ティルテッド・チャトン

使っています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ティルテッド・チャトン


大人になってから人の為に選ぶプレゼントは、贈られる方の

ライフスタイルや仕事、趣味に基づくものが一般的です。

今回、お誕生日を迎えられたその方は、お仕事柄人前で

お話をされたり、スーツを着用されたりするのが多いとのこと。

襟元で煌めくブローチがその方を更に輝かせることを願いつつ…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ


  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

相性

ワイヤーにビーズを通し、捻じって形を作って行く手法…。

以前は、手軽にボリュームを出せることや気持ちの向くまま

自由にイメージを広げられることから、好んで取り入れて

いました。

 

当時ワイヤーは、銅線・ステンレス線くらいしかなく、

ステンレスの柔軟性のない硬い仕上がりにイメージが

合わないと、銅線ばかりを使っていました。

この銅線というのは、どうしても緑青の犠牲になる事が多く、

次第にワイヤーワークから離れて行った原因のひとつかも

しれません。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

そんなワイヤーワークが楽しかった当時のブローチ。

残念なことに緑青が吹いている箇所が見受けられた為、

袋に入れて他の作品とは隔離していたのですが、

全体の雰囲気が好きだったので、作り直すことにしました。

 

ブローチ金具を外し、全てのワイヤーを取り去り素材に

戻して気が付いたこと。

緑青の犠牲になっていたのは、内側が銀色に輝く繊細な

ヴィンテージ・スフレ(下に見える雫型)の周辺のみでした。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

スフレは中が空洞になった吹きガラスなのですが、

その内側に塗られている材質(或いは、剥離剤?)と銅線との

相性が良かったのか悪かったのか…。

つまりは両者が出会ったことで起きた現象のようです。

その証拠に、スフレの外側に沿っていた箇所は変化が

ないのに、穴の周辺、中は緑青で真っ青になっていました。

大好きな素材でしたが、もう、ワイヤーワークには使えません。

しばらくはバックヤードで休んで貰うことにします。

 

気を取り直し、残りの素材+ヴィンテージのクリスタルボタン

+現代物のナツメパールで作り直しました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

元の姿を画像で残しているので一応参考にはしましたが、

仕上がってみると、やはりちょっとバランスが変わっていました。

それはそれで今の感覚なのだろうと思いますし、見比べて

みても、今作った方が良い出来なような…。

 

久しぶりのワイヤーワーク、とても楽しかったので、また再開して

みようかな、という気持ちになりました。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (2)

過去の作品

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

久しぶりに開けた引き出しから、随分昔に作ったブローチが

出て来ました。

 

影のあるクリスタル・淡いブルー2種類・グリーン・ベージュ、

ライトブラウン、そして、ジルコニアの小さくても強く白い輝き…。

もし今、同じ物を作るとしても決して選ばないであろう配色。

そして、そのデザインも、今は思い付かないでしょう。

 

それは、過去の作品に囚われていたくない、現状に満足しては

いけない、いつまでも探求心を忘れたくない、という気持ちの

表れでもあります。

 

過去の作品と対峙する時、いつもちょっと緊張します。

これよりも良い作品が作れているだろうか、進歩しているだろうか、

と不安になるからです。

そして、今の作品と見比べて、安堵のため息を漏らしたり、

今はもう販売されていない素材に懐かしさを覚えたりしています。

 

素材はどんどん進化して行きます。

私もその進化に遅れないよう、常に前を見て進みたいと思います。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

Aurora Borealis

二つ前の記事(crisscross)で、4つの小さなモチーフをつなげた

ブローチをご紹介しました。

 

仕上げた時から思っていたこと、「小モチーフの向きを逆にしたら

どうかしら…」 ラウンド・ストーンが外向きに付いているのを、

クッションカット・ストーンの側に位置させる、ということです。

そうなると、クッションカット・ストーンとラウンド・ストーンは

お色を合わせた方が良いのではないか…。

残念な事に、このクッションカット・ストーンは販売されている

お色が少なかったので、私には珍しい『クリスタルAB』という

お色を選んでみました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

『AB』というのは、『Aurora Borealis:北極光』。

オーロラのような様々な輝きを放つ特殊加工を指します。

この場合、元のストーンのカラーはクリスタルなのですが、

そこにAB加工(オーロラ加工とも言います)がされているので、

『クリスタルAB』という色名になっています。

 

このAB加工、そもそもは、1950年代半ばに、Swarovski社と

Christian Dior社が共同で開発した特殊加工のクリスタル。

今、手にしているこのクリスタルガラスの兄弟が、ディオールの

オートクチュール・ドレスやコスチューム・ジュエリーに使われ

たのかしら…と考えると、楽しい想像が膨らんでしまいます。

 

とても複雑な煌めきを見せるクリスタルABに合わせるのは

どんなお色がいいか、随分と悩んでしまいました。

結局、『イラデサント ライト ブルー』という夏に合いそうな

爽やかなブルーと、パープルのビーズを少し加えることにしました。

どちらもストーンの煌めきの中に浮かび上がるカラーに合わせて

選んだもの。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

半世紀以上昔に生まれた色と、近年生まれた色の組み合わせは、

時の隔たりを超えて調和し、それでもどこか、古いコスチューム・

ジュエリーを彷彿とさせる仕上がりに…。

ABカラーは、キラキラし過ぎて苦手だったのですが、もう少し

積極的に取り入れてみようかな、と思える作品になりました。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

crisscross

ブローチ台がセット出来るシャワーはサイズや形に制限があり、

以前は、シャワーに収まるようにモチーフを作っていました

今も勿論、そのまま使用することもありますが、もっと自由な形を

作りたいと思うことが多くなり、小さなシャワーや、透かしプレート

等を駆使した作品が増えて来ました。

こちらもそんなひとつ…。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

15㎜のシャワーで小さなモチーフを4つ作り、クッションカットの

ストーンで繋げています。

600㎜×550㎜の少し大きめのブローチですが、金属部分が

少ない為、意外に軽く仕上がっています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

クリスタルの輝きを中心に、外へ向かって色が広がっている

ようなイメージ…。

ブラッシュローズという、クラシカルなピンクがアンティークっぽい

雰囲気を演出してくれているように思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

la broche Ⅱ

先日の大振りなブローチ用の小モチーフがとても気に入ったので、

違うパターンでブローチを作ってみました。

  
  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

前回のブローチは、クリスタルダークレッドというお色のストーンが、

ひと足早い秋を感じさせる色合いでした。

今回は夏らしい爽やかなクリスタルミントグリーンを使って、

小さい方のモチーフだけで小振りに仕上げています。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチ

色合いもそうですが、薄手のお洋服にも合わせやすいサイズと

重さのブローチに満足です。

 

こうなると、同じモチーフで違うデザインも考えたくなるもので、

大小両方のモチーフを使ってペンダントトップを作ってみました。

  ルコリエのビーズアクセサリー ブローチds852

4cm×2cmと小振りのトップに合わせるネック部分は、繊細な

方がいいような…。

細めのチェーンにするか、3mm程度のビーズを繋げたものに

するか迷っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ ←ランキングに参加しています クリックよろしくお願いします
にほんブログ村

 

Instagram  ←最新の作品や日々のちょっとしたことを載せています 

←Instagramのtwitter版です 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧